1. 企画立案を効果的に進めていくために知っておきたい3つの思考法

企画立案を効果的に進めていくために知っておきたい3つの思考法

by Sebastiaan ter Burg
 企画立案はビジネスの基本であり、最も重要になる作業です。ビジネス以外の組織活動でも企画立案が重要な仕事であることには変わりありません。企画立案はコンセプトという形で目標を示すと同時に、成功までの手順を考案する重要な仕事です。今回は、企画立案を効果的に進めていく方法を紹介します。

1. 分析する

 現状を分析することで問題点や改善点が明らかになり、企画という形でどのように対処すればいいのかを立案することが可能になります。分析は問題提起や課題設定には重要な作業ですから、徹底的に分析することで目に見えない問題点を浮かび上がらせることも出来るのです。

 商品開発企画の場合、顧客の行動や思考を分析することで潜在的な欲求を浮かび上がらせること出来るので、顧客の願望を充足させる商品開発が可能になります。分析作業を企画に応用することで、しっかりとした裏付けのある企画が実現するでしょう。分析で得たデータは、企画に説得力を与えます。プレゼンテーションをするときも、分析による裏付けを伴った企画であれば、より強い説得力で聞く人に大きく印象付けることが可能になります。

2. 効果を考える

 企画が持つ効果を考えることで具体的な成果をイメージしやすくなり、企画の全体像をしっかりと確立することが可能になります。「何をする企画なのか」ということは企画が持つ意味を明らかにすることであり、そのことをはっきりさせることが企画立案に繋がるのです。

 「知名度を上げる」という効果を持つ企画を考える場合、広告戦略やイベントによるPRが企画立案されます。このように企画の目的が明確になれば、どのような企画を実行すればよいのかを立案することが可能になるのです。企画の効果を考えるということは、具体的な成果を予測することでもあります。企画がもたらす成果をアピールすることで、高い魅力を持つ企画を立案することが可能になるでしょう。

3. ターゲットを想定する

 企画の対象となるターゲットを具体的に想定することで、企画立案がスムーズに進みます。ターゲットの性質により最適な戦略は異なりますから、どのような企画でアプローチするべきかということを具体的なイメージでつかむことが可能です。

 若者向けの企画であれば、SNSやインターネットを活用した企画が立案されるでしょうし、女性向けの企画であれば女性雑誌での広告展開や、女性に人気のモデルを起用したプロモーションなどの企画が立案できます。どのターゲットに向けた企画なのかを最初に考えることで、企画の内容やアプローチ方法といった具体的な点をイメージできるようになり、スムーズに企画を立案することができるのです。



 企画立案では様々な方面から考えてみることが大きな効果を生みます。一つの考えにこだわっていては、多様で豊かな企画を立案することは不可能です。時には考え方を大きく変えてみることが、企画立案を成功させる秘訣と言えるのではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する