1. 新規で考えられた企画を評価する時の基準の付け方

新規で考えられた企画を評価する時の基準の付け方

by t-mizo
 会社の中では、企画を持ち寄り、実際の施策に当てはめるようなケースも少なくないでしょう。企画について、明確な判断基準を持っていることが重要になるのではないでしょうか。ここでは、企画を評価するときの基準の付け方を紹介していきたいと思います。

会社のコンセプトと合っているか

 たとえ、物凄くヒットしそうな商品やサービスが提案されたとしても、そのコンセプトが会社の方針やイメージとのマッチングを基準に評価する事はとても大切です。会社として、その企画を出すことは、ブランドとしての地位を下げないかどうか検討してみましょう。

会社の成長戦略と合っているか

 商品開発では、長期間に渡って開発に取り組んでいるものもあるでしょう。ですが、全ての事に「タイミング」というものが存在します。新たな開発の企画の場合、開発に時間がかかってしまうとタイミングを逃してしまう場合があります。1つの基準として、会社の成長戦略と合っているかどうかを基準にするといいでしょう。成長戦略を評価k順にすることは長期間に渡る企画を評価する場合、とくに有効だと言えるでしょう。

コストパフォーマンス

 会社として行う企画であれば、ある程度の収益が見込まれる企画であることが前提です。しかし、企画書の段階で全てのコストパフォーマンスが明らかにされている訳ではありません。市場に送り出した時に得られる消費者からの評価というものは、数字では表せない事が多いでしょう。コストパフォーマンスの観点も取り入れて評価をくだす必要があるのではないでしょうか。


 ここでは、企画を評価するときの基準を紹介しました。しっかりとした基準で評価を下すことで、根拠を持って、企画を選ぶことができます。ぜひ参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する