1. 企画を第三者に話してみよう!企画をするときに必要な発想方法

企画を第三者に話してみよう!企画をするときに必要な発想方法

by Y0$HlMl
 物事は絶えず変わっていきます。時間も人も日々新しくなったり古くなったりして世界は回っていきます。もちろん変わらない不変のものもあります。でもそんな世の中で私たちは何かを常に改善したいと考えるのが普通でしょう。

 それにはまず何か行動を起こす必要があります。そこで、企業では企画というものが必要となってくるのです。何かに不満があったり何かを改善したいとい思いがあるからこそ新しいものを行うのです。ではその企画を作成する際、どのような発想方法を行えばより良い企画を出すことを出来るのかをここでは述べて行きます。

意識してそのことについて思いを馳せる

 「ごめん、時間がなくて…」という言葉をよく耳にします。しかしよく考えるとその言葉の根底には時間がないというよりも、その物事に対して時間を割きたいとは実は思っていなかったというのが本音ではないでしょうか。時間は皆平等に与えられているものです。平等と感じない人もいるかもしれませんがその人その人に与えられた能力と環境を考えれば結果的に平等でしょう。

 何かを企画したいと思うのならばそれについてまずは頭のどこかに常に置いておく必要があります。いくら忙しい日々であってもどこかに自分の探しているヒントがあると信じて普段から頭を働かせることです。ピンとひらめいたり、何気ないテレビ番組の中にヒントが隠れていることでしょう。もちろん具体的にしたい企画が決まっていたらそれについての本や情報を集めるのが効率的でしょう。

企画を受ける側になって考える

 何かを計画するときには実行後の具体的なビジョンがとても重要と言えます。結果を自分の描いたビジョン通りに持っていくためには、まずそれに携わる人のテンションやモチベーションがとても大切になってきます。

 もし自分だったら、と想像してみてください。どんな人についていきたいと思いますか。どのような企画ならワクワクして積極的に取り組みたいと思えるでしょうか。企画の発想方法としては相手、つまりは仲間になる人たちの立場になって考えることがとても大きな鍵だと思います。人はメリットのあることに反応します。それをやったらどのようないいことがあるのかを具体的に提示してみてください。

練った構想を誰かに話してみる

 これも発想方法のひとつとして自分で、ある程度ビジョンや目標が定まった所で発想が1人歩きしていないかや現実的であるかを第3者に話してみるといいでしょう。なるべく正直な意見を率直に述べてくれる相手がベストです。


 今までに述べた発想方法を実行しより良い企画を作り、良い変化をもたらすことが出来ると良いですね。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する