1. マーケティング担当者と営業担当者の仕事内容の関係性

マーケティング担当者と営業担当者の仕事内容の関係性

by BONGURI
 一見関係のないように見えるマーケティング担当者と営業担当者ですが、実は密接に関係しています。ここでは、マーケティング担当者と営業担当者の仕事内容の関係性を示していきたいと思います。

徹底的に分析するのがマーケティングの仕事

 マーケティングの仕事は、自分達で調べた事や営業がクライアント先から聞き取った事、また実際にユーザーの声を聞いたりと、とにかく様々なツールを使いながら状況の分析を行うことです。そして、その分析を基に、最も効果的に自社の製品や商品を売り込み、どの様にしたらよいのかという事を考えていきます。このように状況を分析し、顧客のニーズを調査して実際の商品や企業の行動に活かすことがマーケティングの仕事と言えるでしょう。

マーケティングで考えられた販売促進を行うのが営業の仕事

 営業は、マーケティング部門によって提案された計画に沿って販売促進を行う事が仕事です。マーケティングだけでは、実際のデータが集められないので、なかなか行動も修正したり改善することが出来ません。営業担当者が集めてきたデータや顧客の声がマーケティング担当者の分析を助ける役割をしています。

どちらが欠けても成り立たない

 分析することで計画を立てるのがマーケティングの仕事で、その計画を実行するのが営業の仕事ですから、どちらかが欠けてしまうと、上手くサイクルが回らないことになります。しっかりと連携を取ることが重要であると言えるでしょう。


 ここでは、マーケティング担当者と営業担当者の仕事内容の関係性を紹介しました。連携を上手く取ることで、お互いのメリットはより大きくなるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する