1. TOEICの試験直前に確認しておきたい2つのこと【時間の有効な使い方】

TOEICの試験直前に確認しておきたい2つのこと【時間の有効な使い方】

by Kaplan International English
 グローバル化が進むビジネスシーンで働く社会人にとって、英語力は今や必須のスキルになってきています。競争の激しい社会では実際の業務はもちろん、最新の情勢を把握するためにも英語のスキルは欠かせません。

 就職活動でもTOEICのスコアを重要視する企業も増えてきているほか、今第一線で働くビジネスパーソンもTOEICを受けてキャリアアップを図っています。そんなTOEIC試験の直前は誰だって緊張するもの。TOEIC試験直前の時間をただ慌てて過ごすのではなく、落ち着いて有効に使うためには何が必要なのか、2つ紹介していきます。

1. 各セクションの傾向と対策を確認する

 TOEIC試験には各セクションごと構成がまったく異なります。試験が進むごとにいちいち次のセクションの構成を確認するのに、手間取っていては時間が無駄になります。また緊張している中ですので、そうした確認に時間を取られれば焦りが増し、問題に集中できなくなってしまいます。

 逆にセクションの傾向と対策を確認しておくことで、心の準備ができ、問題に集中することができるでしょう。そうして落ち着いて問題を解いていくことで、解ける問題を確実に正解することができます。各セクションの傾向と対策を確認しておくことは、テスト本番の精神状態に影響し、テストの結果に直結するのです。落ち着いて試験に臨むために、試験直前に各セクションの傾向と対策を確認しておきましょう。

2. 使い慣れた単語帳や単語集を使って、単語を確認する

 試験直前には一つでも多く単語を確認しましょう。単語を確認することで、今まで学んできたことを振り返ることです。知っている単語を確実に確認しておくことで、自分の英語力を確認でき、今まで頑張ってきたことを確認し、落ち着いて試験の望むことができます。

 また単語というのは覚えては忘れ、忘れてはまた覚え、定着するまでに時間のかかるもの。直前に確認しておくことで、試験中、見た事がある単語なのに意味が思い出せないといったことを防ぐことができます。また試験直前に新しい単語帳や単語集には手を出さない方が良いでしょう。わからない単語が多かったり、一つ一つ確認するのに手間取ったりして時間を使ってしまいます。

 また、わからない単語が多いと試験直前なのに焦ってしまい、落ち着いて試験に取り組むことができなくなります。使い慣れた単語帳や単語集で知っている単語を確認して確実にし、落ち着いて試験に取り組みましょう。


 TOEIC試験の直前だからと慌てるのではなく、ここで紹介した2つのことを確認することで落ち着いて試験に取り組むことができます。そうして直前の時間を有効に使えば試験で今の実力を出すことが出来るのではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する