1. 【アパレルメーカーから学ぶ】マーケティング戦略で重要なこと

【アパレルメーカーから学ぶ】マーケティング戦略で重要なこと

by epSos.de
 マーケティング戦略が上手いとされている業界として、アパレル業界があります。衣服を売るだけではなく、商品に付加価値を付ける施策を行っているのが、アパレルメーカーの特徴と言えるでしょう。ここでは、アパレルメーカーから学ぶマーケティング戦略で重要なことを紹介していきたいと思います。

ターゲティングを明確に行う

 アパレルメーカーの中にはターゲティングを明確に行っている企業が多いです。ターゲットとなる性別や年齢、タイプを決めることがマーケティング戦略を練るまず第一歩になると言えるでしょう。しっかりとターゲティングを行った人に合った商品や広告展開を行うことが売上に繋がるということがアパレルメーカーのマーケティングを見るとわかります。

企業の持つブランドを押さえてマーケティングをする

 アパレルブランドにとってイメージというものはとても大事な要素です。低価格、お手ごろなイメージを持たれているアパレルブランドが急に戦略として高級ブランドのようなマーケティングを行っても、イメージとはかけ離れているため効果は薄いでしょう。イメージに沿ったマーケティング戦略を練ることがマーケティングでは重要になります。企業の持つイメージやブランドを意識してマーケティングの施策や戦略を立てることが重要だと言えるのではないでしょうか。


 ここでは、アパレルメーカーから学ぶ、マーケティング戦略で重要なことを紹介しました。ブランドやターゲットを押さえたマーケティング施策を行っていくことが、売上の向上に繋がるようです。ぜひ参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する