1. 計画通りに仕事ができない人へ!スケジュールを立てるときの注意点

計画通りに仕事ができない人へ!スケジュールを立てるときの注意点

by yijuichen
 仕事をする上で納期や締切日のように、期限が決められているものはたくさんあります。またどんな仕事にしろ毎日ズルズルと同じことを繰り返しているだけでは成果を出すこともできません。仕事ではきちんとしたスケジュール組むことが欠かせないのです。ここでは仕事のスケジュールを組むときに注意しておくべき点を紹介します。

その業務にかかわっているのが誰なのか確認する

 計画通りに仕事を進めていくためのスケジュールを作るには、業務と手順、それぞれの業務の所要期間などを確認することが大切です。しかし、その中で忘れがちなのが業務にかかわる人です。一人で完結する業務ならまだしも、複数の相手と一緒にする仕事であれば自分の都合だけでスケジュールを組むことはできません。それぞれの手順にどれくらいの時間が必要なのか、また締切日に間に合わせるにはひとつの手順にかけられる時間はどれくらいあるのかなども尾人の都合によって変わってきます。このことを考慮せずに計画を立てるから、大勢が関わるプロジェクトは計画通りにいかないことが多いのです。

予備の時間を設ける

 仕事のスケジュールを組んでいると意外に時間がありそうな気がしてきます。しかし、だからと言って仕事をたくさん入れてしまうと時間的な余裕がなくなり予定崩れを起こします。なのでスケジュールを組むときは必ず余裕を持って計画を立ててください。

 スケジュールを組む上で大切なのは優先順位です。まずは欠かせない業務が必ずこなせるようにしましょう。意外に移動は時間を取るし、体調がすぐれないこともあります。予定を組むときには必ず調整のための予備の時間も作ってください。


 いかがでしょうか。スケジュールを組む段階ではたくさんのことができるように感じてしまいますが、実際には色々な要素が絡んでなかなか計画通りにいきません。今回紹介した、仕事にかかわる人の把握と呼び時間の確保は特に忘れやすいので注意しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する