1. 社会人で語学習得のみは危険!留学を仕事に活かしたいなら「専門性」を身につけるのが鉄則

社会人で語学習得のみは危険!留学を仕事に活かしたいなら「専門性」を身につけるのが鉄則

by Kaplan International English
 現在は社会人からでも意欲的に留学をする人が増えています。学生時代に語学や専門知識の習得を理由にアメリカやカナダ、ヨーロッパに留学したという経験を持つ人は意外に多いです。留学をすることによって困ったことやトラブルに出くわすこともありますが、大抵は良い経験と捉えるようです。

 語学留学では英語などの語学力を得ることがメリットですが、実際に仕事に役立つかというと賛否両論あるようです。では社会人として留学経験を仕事の力に変えるためにはどうすればよいか考えてみましょう。

1. 語学力は仕事に役立つか

 留学の目的はさまざまです。一番多いのはやはり語学習得の目的で留学することです。ネイティブな外国語に接することで学べるものは非常に大きいものがあります。しかし、これを就職や仕事につなげようとすると、このとき習得した外国語と直結する仕事を選ばなければなりません。しかし語学力を専門とする仕事はそれゆえに専門性が高く競争率が高く、なかなか仕事自体に就けないということもあります。

2. コミュニケーション力は育つ

 語学習得には一定の効果はあるものの絶対的に仕事の力になりうるかというと、人によってばらつきはあるようです。しかし語学習得のための留学にせよ、他の目的の留学にせよ、見知らぬ土地で見知らぬ人たちに会いに行く、不慣れな言語でコミュニケーションする努力をしたという経験は、間違いなくコミュニケーション力を育てます。本人が実感していないところでも人間力の基礎が鍛えられ、培われているのではないでしょうか。

3. 語学よりも専門性

 留学の大半は語学習得を目的としていますが、比較的長い期間、海外に留学する人は専門知識や専門技術を習得する人も一定数いるようです。

 語学力があることと本当に意味での実践、経験、実行力といった仕事の力とは必ずしも比例しないということもあります。海外での留学経験で語学を習得するというよりも、将来的な仕事に結びつけるような専門性の高いなにかを習得することでもっと明確に留学経験から得られる仕事の力が得られるのではないでしょうか。


 社会人として留学を仕事の力に変えたいと思ったら、語学だけでなく仕事に直結するような専門性を習得しに行くことが大切です。漠然と「将来外国語は役に立つかな?」と留学を決めるのではなく、自分でこれがやりたいということを見つけてから留学を検討するのが良いでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する