1. 新人が仕事に慣れるために知っておくべきコツ

新人が仕事に慣れるために知っておくべきコツ


 誰にでも新人時代はあります。元気いっぱいでいることがよく新人の仕事とも言われますが、実際に仕事になれるにはどうしたらよいのかといった悩みを持っている方も多くいるでしょう。新人は社会人になる時だけではなく、転職した時ももちろん新人となります。ここでは、新しい環境に慣れるにはどうしたらいいのかを2点述べていきます。

1. 分からない事を聞く

 新人が仕事に慣れるために大切の1つ目のポイントは、分からないことを先輩の上司に聞くことです。これは、当たり前の事ですが意外な落とし穴でもあります。ある程度仕事が分かってやっている人は、新人が何が分からないのかが良く分かっていません。新人に説明しても何が分かっていて何が分かっていないのかが分かっていないケースがあります。そのため、分かった点について復唱したり話を聞きながら分からなかった用語やキーワードをメモしておき、後でまとめて聞くのがベストです。

 相互理解が足りないと勘違いが生まれて仕事にミスなどの支障が出ます。分かっている事はミスに繋がりにくいので、分からない点を何度も確認するようにしましょう。そうやって分からない点を聞くことで「仕事に意欲があるんだな」と好感を持ってもらえたり、自分が知らなかった知識が増え、コミュニケーションも盛んになって良好な人間関係を築くことが出来る事ができます。

 後はありのままの自分で飾らないのが一番です。新人であると頑張ろうと思って肩に力が入りやすくなりますが、リラックス状態が一番自分の頭の中に入ってきやすいので軽くストレッチなどしてリラックスした状態を保てる努力をすることもオススメです。

 また、失敗も経験。失敗がないと成功がないので失敗して迷惑をかけることも想定し、「失敗しちゃいけない」と頑になって肩に力が入りすぎたり、空回りすることのないようにしましょう。

2. 参考にしたい人を真似る

 仕事に慣れるためにはよく人を観察して、人間関係を良好に保っている人や仕事のスケジュールを立てるのが上手い人などの参考にしたい人を真似をするようにしましょう。もちろんいいところだけです。自分がいいなと思う人で構いません。上手くいく人は上手くいくノウハウを持っています。

 上手くいかない人はうまくいっていないノウハウがあります。どっちが良い悪いではなく、その人の能力またはその人なりに実践しているものがあるので、自分には理由はわからないけど真似してみるだけでも印象が変わってきます。これは新人はもちろんのこと、全ての人において言えることです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する