1. マーケティング戦略を策定する際のフレームワーク【ファイブフォース分析と3つの戦略】

マーケティング戦略を策定する際のフレームワーク【ファイブフォース分析と3つの戦略】

by juhansonin
 マーケティング戦略を策定する際、大切なのは、市場に対してどうアプローチするかです。消費者には今どのような欲求があり、企業は何ができるのか、それを見極めることが重要です。そしてそれを確認するために有効な方法が、フレームワークを活用することです。 

 フレームワークとは、戦略を考える際に効果的であると言われる枠組みのことです。これらのフレームワークは、そこに自社をあてはめることによって、マーケティング戦略の拠り所や根拠となり得るものです。ここでは、マーケティング戦略のための代表的なフレームワークを紹介します。

1. ファイブフォース

 ファイブフォースとは、その業界の競合関係を図る5つの要素のことです。マーケティング戦略を考える際、業界をこの5つの要素に当てはめて考えると、競合度合がわかり、自社の取るべきマーケティング戦略がわかるという考え方です。
 
 このフレームワークは、SWOT分析のようにマクロ的要素の中で自社を考えるものとは対照的に、業界特有の力関係から競合度合を図るという、ミクロ的な視点で捉えるフレームワークです。以下で5つの要素を紹介します。

(1)競合会社との関係

 業界に競合する会社がどの程度あり、その力関係がどの程度かということです。以下の項目が、この競合関係の根本要因となります。 

(2)供給者の市場支配力

 原材料などの供給者が、業界に対してどの程度の力があるかということです。供給者が少なかったり、大企業が多いなどの場合は供給者の力が強くなり、仕入れ先の確保などで業界内の競合関係は強まります。

(3)顧客、販売先の市場支配力

 顧客や販売先が、業界に対してどの程度の力があるかということです。顧客や販売先が少ない、あるいは顧客が供給者を簡単に変更できる場合などは、業界内の競合関係は強まります。

(4)新規参入の可能性

 業界の製品やサービスにどの程度新規参入の可能性があるかということです。例えば大きな設備投資を必要としないITソフト業界などは参入障壁が低いために競合関係は強まり、大規模な設備や資本を必要とするインフラ通信や自動車などの業界は参入障壁が高いために競合関係は弱まると言えます。

(5)代替品、サービスの可能性

 業界の製品やサービスに代替するものがあるか、または登場する可能性があるかということです。現在代替品やサービスがなくても、新たに代替品やサービスが登場することで、新たな競合関係が生まれる可能性があります。 

 このように、5つの要素から業界の競合度合を発見するのが、ファイブフォースという考え方です。

2. 3つの競争戦略

 ファイブフォースで発見された競合度合を元に、それに対する競争戦略として考え出されたのが3つの競争戦略というフレームワークです。

(1)コストリーダーシップ戦略

 これは業界でトップ、あるいは最上位に位置する企業が行う戦略です。自社の優位性を生かしてコストを削減し、さらに低価格にして優位性を高める、あるいは低コストで品質を上げて優位性を高め、競合を抑えるという戦略です。一般には、この戦略で戦える企業は限られていると言えます。

(2)差別化戦略

 上位企業との差別化を行い、自社の強みを生かしていこうという戦略です。この戦略は多くの企業で行われており、可能な限り競合を増やさないための常道の戦略です。

(3)集中戦略

 ターゲットを競合のない狭い範囲に絞り込み、そこにマーケティングリソースを集中させて、その中でコストリーダーシップ戦略や差別化戦略などを行う戦略です。(1)や(2)の戦略が難しい企業などで採用される戦略です。

 以上が、マーケティング戦略のための代表的なフレームワークです。このようなフレームワークは、いかに自社に合ったものを先入観にとらわれずに使えるか、ということが大切になります。フレームワークを上手に活用して、マーケティング戦略を有効なものにしていきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する