1. 初心者もはじめやすい!誰でも手軽に習得出来るマーケティング基礎学習方法

初心者もはじめやすい!誰でも手軽に習得出来るマーケティング基礎学習方法

by becca.peterson26
 世間には様々な商品やサービスが溢れ、マーケットの細分化が進んでいます。この時代に生き残るために、ニッチな商品を開発・販売する必要性がどの業界や企業でも生まれています。このことから市場の調査、企画、開発と言った一連の活動。つまりマーケティングを学ぶ必要性が発生します。

 ですがマーケティングと言ってもどこから手を付けたらいいのでしょうか今回は、そもそもどのような学習方法があるのかを説明します。

1. 基本は読書

 学習方法としてはオーソドックスですが、すぐに必要、ビジネススクールに通う時間はない、といった方はこれでしょう。ただし多くのマーケティング入門書・参考書は大企業をモデルにして書かれているので、そうでない場合はそのまま使える知識・技術ではないこともあります。内容を自分用にカスタマイズするのを忘れないようにしましょう。

 以下で、「これは読んでおきたい」というマーケティングでの有名な著名人、戦略を紹介します。

フィリップ・コトラー

 近代マーケティングの父、神様とまで呼ばれるマーケティング業界の大物です。彼の本は多少難解だと評されるものがあるので、フィリップ・コトラーの理論を解説した初心者向けの本から始めましょう。

ランチェスター戦略

 元はイギリスの戦闘機の開発者が自身の開発した兵器の成果を知ろうとしたことから生まれた理論です。ランチェスターの法則とも呼ばれます。中小企業が大企業と戦うための戦略、大企業が強者であり続けるための戦略などに応用され、日本の企業でも取り入れられています。

2. 様々な学習方法

ビジネススクール

 基礎から応用へステップアップして勉強できます。自習では陥りがちな勘違いや思い込みなども防ぐことが出来ますね。もちろん時間や費用がかかりますが、やはりわかりやすく教えてくれること、質問に答えてくれる人がいることは自習にはない強みです。

メルマガやブログ

 ネット社会になり、最新情報も比較的容易に集めることが出来ます。実際にマーケティングの場で生きている方々のメルマガやブログ等なら生の声などの生きた経験や最新情報のアンテナとして役立ちます。

情報収集、資料作成のスキルを普段から磨いておく

 「マーケティング」という言葉はとても幅広い意味を持ちます。市場の調査、商品の企画、販売など各分野の自社の現状などを知っておかないとチャンスを見落とす可能性もあります。普段から現状把握をしておきましょう。収集した情報を精査、分析する必要も出てくるので、情報分析能力も必須です。データから顧客のニーズを発見するためにも顧客側の視点も養わなければなりません。


 以上がマーケティングの基礎的な学習方法の紹介です。マーケティングという幅広い分野の習得は短期間ではできませんが、その分、習得すればそれは大きな武器となります。まずは初心者用の書籍から初めてみましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する