1. 常識が非常識!?英語で自己紹介を行う際の名刺の渡し方

常識が非常識!?英語で自己紹介を行う際の名刺の渡し方

by Abby Yi
 ビジネスシーンで初対面の挨拶をする際に日本ではまず自己紹介とともに名刺交換をしますが、外国ではどうなのでしょうか。それは世界共通なのでしょうか。ここではそんな、英語で自己紹介を行う際の名刺の扱いについて述べてゆきます。

外国ではあまり名刺を貴重なものとして扱わない 

 日本では名刺をとても大事に扱いますが、外国では名刺は情報の書かれた紙といった程度の扱いしかしません。従って、交換した後それを綺麗に保管したりすることは少なく、そもそも名刺入れというもの自体があまり販売されていません。

 それ以前に、顧客と直接コンタクトを取る必要がある職種以外は名刺を作っていないという人も多くいます。従ってその分扱いがぞんざいになりますが、それは決してあなたに興味がないわけではなく名刺に対する意識の違いがあるだけです。 文化の違いを受け入れ、良い関係を築けるようにしましょう。

いきなり名刺を出すのは失礼!? 

 日本では最初に会った際に自己紹介をするその時すでに相手に向かって名刺を差し出していますが、外国ではそれは珍しくその行為が失礼にあたることもあります。

 外国、特に欧米諸国では会議の最後まで名刺交換をせずに、別れ際に「あ、ここに連絡先が書いてあるので何かあったら連絡ください。」といったような言葉を添えて名刺を渡されたりすることも多々あります。従そのため、あまり急いで名刺交換を強要する必要はありません。

 しかし相手の役職を知りたい時や自己紹介をした際に相手の名前が聞き取れなかった時のように、どうしても名刺が必要な場合はせめてお互いの自己紹介とスモールトークが終わった後に「Could I have your business card if you don’t mind?」(差し支えなければ名刺をいただけますか?)や「Could I exchange business cards if you don’t mind?」(名刺交換をさせていただいてもよろしいでしょうか?)と聞いて名刺交換をしましょう。もしくは「Let me give you my business card.」(私の名刺をお渡しします。)、「Here is my business card.」(こちらは私の名刺です。)と言い、自分から名刺を渡して相手の出方を待ちましょう。

 なお、名刺交換の際は日本同様片手で受け渡しするのは失礼にあたりますので両手で対応しましょう。

 メモは名刺の上にする 

 名刺をいただいたら、すぐさま相手の名前の読み方等をメモしましょう。外国では名刺の上にメモをしたりすることは失礼にあたりません。相手の名刺をきれいに保つより、相手の名前を正確に呼べるほうが大切です。何度も聞き返すことのないように最初のコンタクトの際にきちんと名前の確認をしましょう。

  上記のことを頭にいれ、何度もシュミレーションを重ねるとだいぶ慣れてすんなりと言葉が出てきます。是非試してみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する