1. ユーザーを意識しよう!Webサイトの企画を提案する際に大切なこと

ユーザーを意識しよう!Webサイトの企画を提案する際に大切なこと

by 55Laney69
 今や企業や会社において自社の商品やサービスを売るうえで、Webサイトは欠かせないものになっています。Webマーケティングという言葉もあるほど、Webサイトを通じて顧客や見込み客に接触し、そのニーズを分析して売れる商品や仕組みを創出していくことが当たりまえの世の中になっています。

 これから実践的なWebサイトを構築しようと思ったら、そういった基本的なところをおさえて企画・提案していくことが求められます。今回は、Webサイトの企画を提案する際のポイントについて紹介していきます。

Webサイトをつくる意義

 自社のWebサイトをつくると言っても様々な形があるでしょう。例えばWebサイトを通じて何か商品を売りたいと考えている人は、卸業者や問屋に向けて発信しなければなりません。

 また、直接モノやコンテンツを販売したいと思えばショッピングカートなどのシステムを構築しなければなりません。直接にしろ間接にしろ、何か商品やサービスを売りたいと考えれば顧客に接点を持たなければならないのです。

大切なのは顧客との関係

 会社の売るべき商品やサービス・システムによってどういうWebサイトを作るかということは変わってきますが、共通しているのは自社のサイトでいかに自社や自社の押し出す商品やサービスに興味を持ってもらい、それを買ってもらうかということです。

 したがって、商品やサービスを購入してもらうことにつなげるWebサイトの企画・提案が重要になってきます。それは、Webマーケティングとも大きく関わってきます。

ユーザー視点に立つことを意識する

 Webサイトを企画・提案する上で意識したいのは、立派なWebサイトやおしゃれで先進的なデザインのサイトを作ろうということではなく、いかにユーザー視点に立ったWebサイト作りをして、そのサイトによって自社の商品やサービスを買ってもらえるように誘導するかということです。そのためにどういったWebサイトを作り、ランディングページを構築するかという具体的な企画・提案書を作りましょう。

 自社のWebサイトをまだ作っていない企業や会社は、本当にWebサイトにより集客できるのか、会社の売り上げにつながるのか半信半疑であることが多いと思います。しかし、Webサイトにアクセスする見込み客をしっかりとつかまえ自社にコンタクトをとってもらうことができれば確実に売り上げに繋がっていきます。そのためには、ユーザーを意識した企画・提案書の作成が大切になります。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する