1. 「企画なんて考えられない…」と悩む人へ!企画に必要なスキルは「アイデア力」と「検討力」だけ!

「企画なんて考えられない…」と悩む人へ!企画に必要なスキルは「アイデア力」と「検討力」だけ!

by sporadic
 「企画を考えて」なんて、無茶ぶりされたことはありませんか?企画なんて、立てたこともないし、自分のような一般人にそんな良いものができるはずないと落ち込んでいたりしませんか?企画というのはそんなに、超人だけがつくれるものではありません。また、アイデアマンだけでもできません。

 その企画をするために必要なのはどんな能力なのでしょうか?今回は、計画を立てるために必要な2つの能力を見ていきましょう。

1. 新しい何かを企画する:アイデア力

 この言葉を聞くと逃げ腰になる人は多いのではないでしょうか。自由な発想でといわれても簡単にはいきませんが、こなさなければなりません。そのために、一番良いのは、ランダムな言葉を使うこと。ランダムな言葉を見つけ出し、紙に書いて箱に入れます。そうして、2つか3つのくじを引いて出てきたものから連想していくという方法もあります。

 もし、面白いアイデアじゃなくても、恥ずかしがることはありません。99%おもしろくなくていいんです。1%が当たればいいんです。想像力は誰にでもあり、素晴らしいものを持っています。自分のアイデア力という能力を生かすには、失敗を恐れない心さえあれば十分です。

 この時データは必要ありません。アイデアを出しているときに検討してはいけませんし、する必要もありません。とりあえず、全部出す。そして、アイデアを絞っていけばいいのです。検討はそれからの話になります。

2. 現実をみながら企画する:検討力

 物事を何かしようと企画するときには必ずそれに伴う問題が出てきます。それを検討していくのが検討力です。このときは否定的にならないことが大切です。たとえば、予算。この金額以下はできないという風に考えるよりも、この企画を成功させるためにはこれだけの予算がいるという風に考えます。そうすると、その予算を作るにはどうしたらよいか?という新たな問題点が見つかります。

 検討力は、この問題点をどれだけ多く挙げるかにあります。そして、その答えを多くのデータから読み取ります。検討力で大事なのは、絞ったアイデアをどれだけ信じることができるかということ。それさえあれば、答えを導き出すことができるでしょう。

 以上が、企画をする上で必要な能力です。企画は誰にでも出来ることですが、その内容は自分にしか考えられないものです。しっかりと準備をして、最高の企画を作り上げましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する