1. 仕事場での人間関係にもう悩まない!ストレス社会を生き抜くための「メンタル」強化方法

仕事場での人間関係にもう悩まない!ストレス社会を生き抜くための「メンタル」強化方法

by SBA73
 仕事を行う上で、人間関係がメンタルに与える影響とは一体どれ程のものなのか。日本は世界でも稀にみるストレス大国です。同じ先進国同士でも、これ程メンタル面に支障をきたしている国は他には無いのです。では、同じ先進国と日本とでは、一体どの様な違いがあるのか。それは日頃のメンタル面のケアについての考え方です。では、一体どのようにすれば、このストレス社会を生き抜いていけるのでしょうか。そのあたりを述べていきたいと思います。

1. メンタルの重要性

 仕事の場面で少し解説をしていきます。自分の好きな仕事に没頭している時、人は無我夢中になって事に取り組みます。この時には多少の事が起きたとしても、影響する事は殆ど無いのですか、逆にモチベーションが下がるような業務に取り組む時、短い時間でも何時間も作業をしているような気分になるものなのです。

 仕事なので、自分の好きな業務だけをやる事は殆どなく、嫌な作業をする事も、あります。この様な日常起こり得る事で、メンタル面が不安点になる事で、実際の業績にも悪影響が表れてくるのです。

 それが、人間関係です。職場でのコミュニケーションは欠かせません。しかし、肝心の人間関係がギクシャクしていては、個人だけでなく周囲の人達との連携も上手くいかず、時に大きな損失を招く場合もあるのです。メンタルの強化は即業績に直結すると言っても過言ではないのです。メンタル面を強化する事で、苦手な人との人間関係も自ずとスムーズになってくるのです。

2. 具体的なメンタル面の強化

 人は思い込む生き物です。過去に何か大きな失敗をすると、また次にやる時はきっと失敗をしてしまうと、勝手に自分自身に悪い暗示を掛けてしまうのです。実は、この暗示こそが、メンタル面で大きな壁となるのです。

 まず、原因になるのが仕事で失敗した時の状況で、周りに人が居たか、それとも居なかったのかです。周りの人に馬鹿にされるのが嫌で、無意識に事故回避をするようになるのです。この事が人間関係に大きく悪影響をもたらします。

 実際には、昔の事をいつまでも鮮明に覚えている人もいない場合が殆どで、自分が勝手にまた笑われると思い込んでいるのです。仕事は始めは皆未経験なのだから、失敗をするのが普通なのだという事を、上司がしっかりと始めにインプットしておく事が必要なのです。

 仕事でも人間関係でも、失敗を重ねないとメンタル面が成長しないのです。苦手意識を一つ克服するだけでも、メンタルが強化され人間関係は大きく変わってくるのです。

3. 人間関係に強くなるポイント

 最後に人間関係がメンタルにどれ程の影響を与えるのかというと、例えば嫌な上司が出勤と知るだけでも、実際に生産性が悪くなったり、ヒューマンエラーが起きやすくなったりするのです。

 人間関係を潤滑にする為には、まずは溜め込まない事です。勿論、発言する時は最低限ものの良い方がありますが、言いたいことはハッキリと伝え、何が嫌なのかをはっきりさせる事です。

 仕事では、実はこれが苦手な人が殆どです。このメンタル面の改善として、論理的に考えていく癖をつける事です。自分は間違っていない根拠をしっかりと持つことで、武器にするのです。そして数字化して考える事で、極端に言うと相手に反論の余地を与えない事です。

 人は数字を出すと本当に自分の言っている事は正しいのか、不安になるものなのです。逆に言うと、日頃から自分の仕事をよく知る事が出来れば、後は地道に努力を重ねるだけなのです。人間関係も徐々に円滑になるのです。

 以上が、メンタルの強化で「人間関係」と「仕事」の相乗効果を作るためのポイントです。精神と肉体の両方を強化し、自身の望むキャリアを歩んでいきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する