1. 負担を知ることで「学生の本音」を引き出そう!企業の採用を受けるために就活生が負担する金額

負担を知ることで「学生の本音」を引き出そう!企業の採用を受けるために就活生が負担する金額

by Salmando
 就職活動には、どのくらいの費用がかかるでしょうか。就職活動には交通費やスーツ代などお金がかかります。地方の学生にとって交通費は悩みの種です。人事として学生の選定をする際、学生の本音を引き出すためには、相手の状況もある程度知っておく必要があります。今回は新卒採用試験を受けるための費用について紹介していきます。

就職活動でかかる費用

 新卒者の場合はだいたい20万円ほどが必要といわれていますが、パソコンなどを新しく購入するとなると、さらに金額は上がります。さらに地方から首都圏に出向いて就職活動を行う地方在住者は、企業へ面接に行く新幹線や飛行機などの費用、宿泊代などで、余分にお金がかかってしまうことも頭に入れておきましょう。交通費と宿泊費とを合わせてると、30万~50万円かかる人もいます。

 就職活動にかかる平均的な費用は、そのときの社会状況などによっても毎年変わりますので一概には言えませんが、就職活動の費用内訳の目安としては、服飾費8万円、履歴書などの雑費(写真撮影を含む)1万円、通信費(1か月)2万円、消耗品(手帳や便箋など)1万円、交通費5~10万円(地方学生の場合は10万~20万)といったところでしょうか。

節約出来ないところ

 学生側で出来る限り、節約しようとしても削れない部分はあります。例えば、スーツであれば高価なものを買う必要はありませんが、最低限の準備としてよれよれのものは避けなければならないため、一定の費用がかかります。

 そして靴も必要です。良い革製品のものは高価ですが、就職活動では、歩く機会が多くあり、靴が合わなくて痛くて歩けないものや、早々に駄目になりそうな靴は避けるべきなのです。

 就職活動をするためにはスーツ代だけではなく、通信費や交通費など色々なことにお金がかかります。採用する側としても、ある程度学生の状況を理解し、本音を引き出しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する