1. 最近疲れてない?慣れない仕事環境で生じた疲れを癒す方法

最近疲れてない?慣れない仕事環境で生じた疲れを癒す方法

最近疲れてない?慣れない仕事環境で生じた疲れを癒す方法 1番目の画像

 会社に入ったばかりのとき、仕事に就いてばかりのときは実はもっとも疲れを感じてしまう時期の1つです。人間は環境に対する変化の影響を受けやすいものです。特に仕事を始めたばかりの時、新入社員が会社に感じる圧迫的な違和感などはこの季節特有なものですね。

 いずれは慣れて日常化していくもので、それ自体は一時的なストレスだとしても、あまりに大きな疲労を感じれるときは、効果的にそれを除去していかなければなりません。ここでは、その対処方法について述べて行きます。

慣れない環境はなぜ疲れるか

 ではなぜはじめての環境や慣れない環境で仕事をすると人間は疲れるのでしょうか。根本的なところから見ていきましょう。

 人間が生きていく上で習慣というものは非常に大きな要素を持っています。仕事に慣れないうちは、分からないことを自分の力で分かろうとして普段あまり使わない神経を使います。そして、お互いをあまり知らないという人間関係の中で様々な気遣いをし、気持ちが休まることが無いというのも要因でしょう。

 しかし、慣れない仕事もいずれ慣れ習慣化していくことでそつなく仕事をこなし、生きていくことができます。逆に言うとそれに慣れるまでが一番大変で、大きなストレスを感じることが多いです。むしろそういった環境や人間関係に適応することこそ、仕事を覚えるということかもしれません。

一時的なストレスでも大きすぎると危険

 4月、5月の一時的なストレスも度を超えると非常に危険なものになります。仕事を辞めたい、会社を辞めたいというのはまだ可愛いもので、心身を壊してしまったり自殺してしまうなどの最悪の事態は避けていきたいものです。

 一時的なストレスを過度に感じてしまう性分の人というのは元々いて、大きな要素は真面目すぎる性格や繊細な感受性を持っていることが要因です。むしろ遊び半分という意識や適度な息抜きは大切なのです。

リラクゼーションで落ち着こう

 会社や職場でのストレスや不安、疲れを感じたらそれをリフレッシュさせたり発散させたりすることが大切です。

 そのためには、終業後や休日での息抜きの仕方が大切になっていきます。たとえば散髪に行ったり、マッサージを受けに行ったりするということはとても気分をリフレッシュさせてくれます。

 旅行や温泉に行くのも良いですが、日常の仕事に慣れようとしている段階で、旅行などの計画的なバケーションをすると逆に疲れが増えてしまいかねないので、少ない手続きでリフレッシュできるものがいいでしょう。

 新入社員や仕事に入ったばかりの人は仕事や環境に慣れるまでに相当な疲れを感じてしまいます。一時的なものだとはいえ、適度にその疲れを解消させていくことが求められます。散髪やマッサージで気分を緩めて心身の適度なバランスを保って、根気強く仕事を覚えていきたいものです。仕事と息抜きのバランスの良さを知ることが鍵を握っています。



合わない環境で心身をすり減らす毎日……どうすればいい?

最近疲れてない?慣れない仕事環境で生じた疲れを癒す方法 2番目の画像

 慣れない仕事・合わない環境で心身をすり減らして、疲労とストレスが蓄積されていくばかり。

 「慣れればなんてことないよ!」という言葉も、にわかに信じられない……なんて人も中にはいるのではないだろうか?

 慣れるまでに辛抱だと思い、我慢して働き続けて精神的に崩壊してしまっては元も子もない。

 注意力散漫、倦怠感などといった症状がある人は、精神的に追い詰められてしまう前に転職することを検討してみよう。

ストレスが限界まで溜まると「選択肢」が狭まる

 対人関係のストレスが限界まで溜まり、「うつ病」「自律神経失調症」「胃がん」などの病気にかかると、転職活動をする余裕すらなくなってしまう。

 そのため、少しでも思考が働くうちに“転職活動”を始めてみることをオススメしたい。

 転職活動を行うエネルギーが残っていない、転職をすることへの自信を喪失してしまう、長期間の休職によってキャリアに傷がつき転職しづらくなってしまった……など、ストレスを放置することは、人生・キャリアにおいて非常にリスキーなことなのだ。

 ストレスが限界値を突破する前に、まずは転職エージェントに自分のキャリアについて相談してみよう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する