1. キャンペーンは「継続」が正解!商品理解を深める企画で顧客を獲得する方法

キャンペーンは「継続」が正解!商品理解を深める企画で顧客を獲得する方法

by Simon & His Camera
 なぜキャンペーン企画を行うのでしょうか?企画に対するコストもかかりますし、商品の値下げをするのであれば、利益率も下がります。しかし、キャンペーンを行うことで、顧客からの認知を増やすことが出来れば、結果として利益が増加するのです。今回は、キャンペンーン企画というものの考え方について紹介していきます。

1. キャンペーンをなぜ行うの?

 キャンペーンは実施することより、注目を集めて顧客を増やす効果を上げることも目的の一つになります。どれくらいの顧客が来たのかをチラシや店内POPを数種用意して反応を計測し、どの指標でデータを取りキャンペーン効果を計測するかをあらかじめ決めておき、データが悪ければ直ちに修正していきます。ネットショップでも、同じことが言えます。このデータの計測と修正が出来る店は、売上が向上していくでしょう。

2. 集客数を上げるための2つの考え方

 客数を増やすには新規客を増やすことと既存客の商品購入頻度を上げるという、2つの考え方があります。まず、新規顧客に対しては、店頭でキャンペーン中と分かるように、店の看板やのぼりやライトアップ、BGMやデモテープでの聴覚効果や清潔で開放的で明るい店内空間を演出したりしましょう。そして、景品を配り、「懸賞」「試供品の提供」「クーポン券」「ゲームやクジ」なども企画して客数を上げます。

 既存客の購入頻度を上げるためには、購入頻度に応じた特典を用意します。スタンプやポイント制などを企画すると良いでしょう。「ダイレクトメール」「テレホンマーケティング」「メールマガジン」で広告し、キャンペーンを知らせて下さい。

3. まとめ

 以上が、キャンペーン企画というものの考え方です。派手な演出で顧客に足を運んでもらい、値下げをすることで、商品への理解を深めましょう。また。こういった企画は単発で終わらないことが大切です。一回企画が終わったら、すぐに次に移れるようにしておきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する