1. 新商品のキャンペーンを成功させるために知っておきたい「企画」のコツ

新商品のキャンペーンを成功させるために知っておきたい「企画」のコツ

by nan palmero
 企業が新商品を発売する場合、様々なキャンペーンを行って新商品の成功を目指すことになります。新商品のキャンペーンにもコツがあり、ピントのずれたキャンペーンではどれだけコストをかけても新商品の成功という結果は得られません。では、新商品のキャンペーンで求められるものとは何なのでしょうか。今回は、新商品のキャンペーンを企画する時に知っておきたい成功のコツを紹介します。

1. 認知度の向上を目指す

 新商品のキャンペーン企画でまず最初に考えなければいけないのが、新商品に対する認知度の向上です。どのような商品であっても、消費者が認知してくれなければ販売数の増加は望めません。新商品が発売されたことを広く消費者にアピールし、認知度の向上を目指す戦略を第一に考えてください。

 認知度の向上を達成するためには、消費者の目に触れる機会の多い戦略をとる必要があります。単純に広告量を増やすだけでも認知度は向上しますが、サンプルを配って実体験の機会を増やしたり、口コミによる伝播効果を利用するのも効果的です。まずは新商品の存在を認識してもらうことから新商品のキャンペーンが始まるといっても過言ではありません。最初に集中的にキャンペーンを行って、認知度アップを目指しましょう。

2. 消費者に理解してもらう

 新商品がどのような機能を持っているのか、どのように使える商品なのか、どのような特徴があるのか等、新商品について具体的な部分を消費者に理解してもらうことで新商品に対する消費者の興味は深まり、高い関心が集まります。

 新商品のキャンペーンを企画する時は、消費者が製品の機能を理解できるようなキャンペーンを実施することでより良い理解が実現します。実際に商品を体験できるイベントを開催したり、サンプルを配って体験を促したり、商品の機能や性能を理解できるような動画を作成したり、考えられる戦略は無数に存在するのです。

 商品に対する理解が深まるということは、市場におけるライバル製品との差別化が実現するということでもあります。他の企業の製品にはない特徴を持っているという認識が新商品に対して生まれれば、消費者は新たな価値を見出して積極的に新商品を購入するようになるでしょう。

3. 具体的な成果を意識する

 新商品のキャンペーンでどのような成果を上げたいのかという目標を設定することで、新商品のキャンペーン全体の方向性が定まり取るべきマーケティング戦略も決まります。
販売数アップか、認知度の向上か、シェア拡大か等、それぞれの目標は全て連動して動く要素ではありますが、どの方向からアプローチするかによって新商品のキャンペーン戦略は変わります。

 どの方向からどのような成果を上げるのかを企画段階で明確にしておけば、新商品のキャンペーンに関わるスタッフ全体の士気向上につながり、より高い意識を持って新商品のキャンペーンに取り組む姿勢が生まれるでしょう。


 新商品のキャンペーンにはいろいろな方法が考えられますが、その商品の特性や時代背景などによって最適なマーケティング戦略は異なります。企画が担うべき仕事は、新商品のキャンペーン全体の方向性を定めること。何を目的にしてキャンペーンを行うのか、それをはっきりさせることが企画が果たすべき最も大きな仕事になります。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する