1. Webコンテンツの企画で失敗しないために心得ておきたい3つのコト

Webコンテンツの企画で失敗しないために心得ておきたい3つのコト

by ramnath bhat
 Webコンテンツの充実は企業のマーケティング戦略上の急務です。これからのマーケティングではWeb戦略がますます重要な役割を担っていくことが明白である以上、充実したWebコンテンツが重要なカギを握ります。

 Webコンテンツの企画に成功すれば単純なPR以上の効果が生まれますが、Webコンテンツの企画に失敗すれば成果が望めないだけでなく企業イメージの失墜にもつながってしまうでしょう。今回は、失敗しないために知っておきたいWebコンテンツの企画のポイントを紹介します。

1. Webコンテンツの目的を明確にする

 Webコンテンツはそれ単独では意味をなさないものです。企業がどのような形でWebコンテンツを利用するのか、それを明確に示すことで初めて価値が生まれます。Webコンテンツの企画ではコンテンツの内容そのものだけではなく、企業がどのような目的でWebコンテンツを利用するのかということを明確にしておきましょう。

 Webコンテンツの目的を明確にすることでコンテンツの質自体を引き上げることが可能になりますし、Webコンテンツをより一層充実させることが可能になります。

 顧客に対して何を伝えたいのか、Webコンテンツを通じてどのように関わっていきたいのかということを企画に盛り込むことで、より効果的なアプローチが実現するでしょう。

2. Webコンテンツのターゲットを明確にする

 Webコンテンツの企画で重要なのが「ターゲット」です。どのようなユーザーをターゲットに設定するかによって、Webコンテンツの内容も変わってきます。企画の初期段階でターゲットを設定することで、より効果的なマーケティングが可能になるのです。

 ターゲットが異なればWebコンテンツの目指す方向性も変わります。若年層をターゲットにするならば、動画や画像といった直感的に理解できるビジュアルコンテンツが効果を生みますし、高年齢層をターゲットにWebコンテンツを作成する時は文字の量を増やして説得力のあるコンテンツを作成する必要があるでしょう。同じ目的のWebコンテンツであっても、ターゲットに合わせてアプローチの仕方を変更することでより高い訴求力が生まれるのです。

3. 長期的視野に立つ

 Webコンテンツの製作は時として目先の効果にばかり捉われがち。直接的な効果があるのは良いことですが、目先の目立つ効果にばかりこだわっていては、企業の利益に本当の意味で貢献するWebコンテンツにはなりません。

 一見地味なポイントであっても見落とさず、長期的な視点に立ってWebコンテンツを作る姿勢が最終的には企業利益につながっていきます。Webコンテンツに必要な情報は何か、埋もれがちなニーズにこたえているか、すべての人が利用しやすいWebコンテンツが実現しているか等、様々な角度から企画を検討し、Webコンテンツの充実を図りましょう。


 Webコンテンツは企業にとっての大きな武器になりますが、企画に失敗すれば大きなマイナスを生んでしまうでしょう。企業側の利益ばかりにこだわっていては、独りよがりなWebコンテンツが誕生してしまいます。利用する人の立場に立ち、価値があって利用しやすいWebコンテンツ作りを目指すべきです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する