1. Webキャンペーンの企画を考える際に気をつけておくべき3つのポイント

Webキャンペーンの企画を考える際に気をつけておくべき3つのポイント

by boltron-
 企業が行うキャンペーンの中でも最近注目が集まっているのがWebキャンペーンです。Webキャンペーンは顧客への直接的な働きかけが可能なキャンペーンのため、うまく成功すれば高いキャンペーン効果が生まれますが、その分企画をしっかりと立てておかなければなりません。そこで今回は、Webキャンペーンの企画を考える際に気をつけておくべきことを紹介します。

1. 企業イメージが表れたテーマを設定する

 Webキャンペーンを行う時にはテーマ設定が重要になります。顧客に直接的にアプローチするWebキャンペーンでは、よりイメージが強く表れたものでなければなりません。もし企業イメージを表したテーマ設定に成功すれば、Webキャンペーンの体験者は単なる広告や宣伝を超えて企業イメージ感じ取ることになるでしょう。企業そのものに対する好印象や好感を抱くようになり、マーケティングを行う上で重要になる「ストーリー」が実現します。

 Webキャンペーンを単なるPRで終わらせないためにも、企業の目指すところを直接的に示すようなテーマを設定しましょう。

2. 一方通行のキャンペーンにしない

 Webキャンペーンの重要なポイントが、企業と顧客の双方向性です。企業側が一方的に顧客にアプローチするだけの企画では、Webキャンペーンの効果は半減してしまいます。企業側のアプローチに対して顧客が反応を返す、その関係性が成立して初めてWebキャンペーンは有用なものになるでしょう。

 Webキャンペーン企画を単なるPRにしないことで顧客にはWebキャンペーンそのものを楽しむという目的が生まれます。Webキャンペーンの目的がプレゼントやサービスだけでなくWebキャンペーンへの参加そのものになれば、顧客は企業の提供する商品価値だけではなくWebキャンペーンを開催する企業の姿勢そのものに価値を見出すようになるはずです。

3. 参加のハードルを下げる

 Webキャンペーンは広い層をターゲットにすることがポイント。参加者が増えることでWebキャンペーン自体盛り上がりも上昇し、活気あふれるものとなるでしょう。Webキャンペーン参加のハードルを下げることで気軽に参加が可能になり、より一層Webキャンペーンの熱気は上昇します。

 Webキャンペーンの参加者を顧客に限定せず、広く一般の消費者を対象にする方法もあります。あえてWebキャンペーン変参加条件を設けないことで今まで顧客ではなかった層を取り込むことも可能になり、新規顧客の獲得と企業イメージのアップ、知名度の向上といった効果も期待できるでしょう。


 Webキャンペーンは参加者が集まらなければ意味がありません。不特定多数のターゲットを対象にする従来型メディアとは異なり、Webキャンペーンでは企業側が積極的にアプローチを行い顧客やその周辺を巻き込んでいかなければなりません。

 良い企画を立てることができれば、Webキャンペーンはとても費用対効果の高いマーケティング戦略です。Webキャンペーンの特徴を理解して、良い企画を立案しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する