1. 顧客の志向と市場の変化は押さえておこう!マーケティング戦略を練る上で必要な情報

顧客の志向と市場の変化は押さえておこう!マーケティング戦略を練る上で必要な情報

by Glyn Lowe Photoworks, 3 Million Views, Thanks
 マーケティング戦略は、どのような企業にとっても必要となるものですが、戦略を練るときに、どのような情報を重点的に集めていかなくてはならないのでしょうか。 今回はマーケティング戦略を練る上で必要になるもっとも基本的な情報について話していきたいと思います。

1. 消費者に対して必要とするもの

 まずは、マーケティング戦略を練る上で、最も重要になるのは消費者についての情報です。モノやサービスは最終的に消費者に対して提供されるですから、消費者のことを第一に考えていないのは当然のことです。

 そのため、消費者の動向を探るのが第一の目標となります。そして、消費者のどのような客層にアピールするかを絞る必要が出てきます。あまりに多くの客層をターゲットにするのは、多くの資産や労力を投じなければいけなくなる可能性があり、場合によっては打ち出したキャッチコピーや差別化戦略などが薄れて機能しなくなってしまうことがあるのです。

 また、現在の市場は良いものを作るということだけでは売れないものになっています。マーケティング戦略を成功させるためには、まず現在の自社の客層を把握し、どのような客層についてどのような商品などで戦略を打ち出していくのかということを考えなくてはならないのです。

2. 市場の変化や状況を把握する

 マーケティングで次に重要になってくるのは、市場の変化を予測できる情報です。いくら、良いモノができたとしても市場の状況や海外の事情によって進出したときにはもはや市場としては終わりを迎え始めていたりするなど、新しく進出しても、大損害を後にこうむるといったことになってしまいます。 

 そのため、市場の変化を全くつなげることが出来なければマーケティング戦略を生かすことが出来ません。現在の経済状況の把握、ライバル会社の状況、進出する地域の情勢、今後の経済環境の変化の予想、資源や人材の管理などといったことを、どれだけ把握できるのかということを考えて行動しなければならないのです。

 以上が、マーケティング戦略を練る上で必要になる情報です。消費者の動向と経済環境をしっかりと把握したマーケティング戦略こそが、これからのマーケティング戦略の必要的情報になってくるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する