1. マーケティングで消費者の心をつかむ手法【少しの意識が違いを生む!】

マーケティングで消費者の心をつかむ手法【少しの意識が違いを生む!】

by paul bica
 マーケティングを行うからには、消費者に大きな期待を寄せられるものを作らなければなりません。しかし、マーケティングは、ただ消費者の方が欲しているものを探し出すだけでなく、深層心理に訴えかけるものがないと、せっかくよいものができても、消費者によいものであることが伝わりません。そこで、今回は消費者の心理をつかむマーケティングの手法についてお話ししたいと思います。

1. 消費者にここだけしかないという価値を与える

 消費者心理を掴むためにまず考えておいてほしいことは、消費者にここだけしかないというような価値観を与えるということです。そういった価値があると、消費者はそれを手に入れたいときにはその場所に行かないといけないので、そこに需要が殺到することになります。

 そのような状況が目立ってくれば、さらに注目が集まり、消費者の心理をますます刺激することになるのです。まずはこの時代の状況を生き抜くために、ここにしかない価値というものを提供できるように考えていくマーケティングの手法が必要なのです。

2. 色彩やキャッチフレーズなどの雰囲気で引き寄せる

 次に、消費者の心理をつかむマーケティングの手法としては、色彩やキャッチフレーズなどの雰囲気で引き寄せることであります。 

 例えば、飲食店などで使われる手法としては、店内を赤くしておくことで食欲を刺激するといったことや、反対にダイエットの時には、青い色のものを使用すれば、食欲を抑えるといったことや、企業のCMや広告などで他人の印象に残るような素晴らしいキャッチコピーで人を引き付けるということです。

 人間というのは、商品の魅力以外にもその場の雰囲気や印象によって、ものに対する評価や、行動が変わっていくのです。 そのため、こういった細かい心理作用も覚えておくとよいのです。

3. 消費者に安心、安全な面を見せる

 最後に、消費者の心理をつかむマーケティングの手法としては、消費者に企業の商品などの安全性や安心感を与えることがあります。会社の商品に何らかの問題が発生したときなどに、対応が悪いと消費者に大きな不安を与えることになります。

 そうなってくると、会社は大きな不信感を抱かれ、消費者から敬遠される結果を招きます。そうならないように、平時から不祥事などが起こらないような対応や、不祥事が起きた際の迅速かつ誠意のある対応が取れるような体制を整えておく必要があります。いろいろな面で消費者に安心、安全な面を見せることは、消費者の心理をぐっと掴むものとなるのです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する