1. 国内と海外におけるマーケティング手法の違い

国内と海外におけるマーケティング手法の違い

by mendhak
 日本と海外では、マーケティングの手法に違いがあるというのはご存知でしょうか?日本のようなマーケティングのままで商売をしていると、海外のマーケティングとの違いを知った時にいろいろと困惑・苦労をしたりする人もいれば、ちょっとした驚きを感じる方もいるかと思われます。そこで、今回は、日本と海外のマーケティング手法の違いについてどのような点があるのかということを、話していきたいと思います。

1. 国内向けか海外の広い分野に向けているのか

 日本のマーケティングと海外のマーケティングの違いの一つとしては、商品が国内向けの傾向が強いのか、海外に向けても売れるようなものであるのかの違いがあると思われます。日本では、近年までガラケーと呼ばれるような、国内独自の携帯電話や、ブランド志向の家電製品のように国内向けに作られている商品が多くなっています。

 逆に海外の製品では、模倣や低価格路線などであっても、海外に大きくシェアを伸ばせるように海外の市場に合わせて売れる製品を提供している傾向があります。 この傾向が日本の世界でのマーケティングにおいて、ライバルに差をつけられたりする要因の一つです。

2. 商流を制限している

 日本のマーケティングと海外のマーケティングの違いとしてもう一つ挙げられるのは、商流を制限しているのか否かという点です。日本では、基本的に商品が販売の制限なくどの小売店であっても基本的に自由に販売できるようになっていますが、海外では、その会社の製品を一定の販売店が売るように制限しているようなことがあります。
 
 これは、企業が勝手に製品を売られたことによって、かえって企業のイメージが悪くなるようなことを起こされることを避けるためのものであって、自社のブランドイメージを守るための戦略であります。このように、企業の自社ブランドの信頼を守るために販売店に制限を付けたりするかしないかという点が、日本と海外ではマーケティングに違ったりすることがあげられます。

3. クレームについての違い

 また、日本と海外との違いとして、クレームの違いがあります。 日本の消費者は基本的にあまりクレームを直接つけることなく、気に入らなかったら、そのままそのお店には来ないといったようなことがあるため、隠れたクレームがあるというのが非常に多いのです。 

 その違いが、海外のマーケティング関係にも影響しており、海外の観光関係では特に日本の消費者のそのような傾向に四苦八苦しているというような話があります。日本における隠れたクレーマの対策について、日本と海外での認識が多く来違っているということが日本と海外におけるマーケティングの違いに現れています。

 以上が、日本と海外のマーケティング手法の違いです。ちょっとした参考程度に違いを知っておくことで、何かのマーケティングに生かせることがあるかもしれないので、その違いをしっかり認識しておきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する