1. 仕事でミスしても落ち込まないためのメンタルトレーニングの実践法

仕事でミスしても落ち込まないためのメンタルトレーニングの実践法

by ~suchitra~
 仕事でミスをすればどうしても落ち込んでしまいます。しかし、落ち込んだままでは、次の仕事をしっかりこなすことはできませんし、ストレスの元にもなってしまうでしょう。そうしないために必要なのがメンタルトレーニングです。自分のメンタルをコントロールするためのトレーニングと言い換えると、わかりやすいかもしれません。仕事のミスを乗り越えるための方法、誰でも簡単にできるメンタルトレーニングを紹介します。

仕事の成功量を可視化し、ミスの事例と対比させる

 仕事でミスをして落ち込んでしまったときは、5分間だけ、メンタルトレーニングの時間を取りましょう。その5分で何をするか説明します。ノートでもメモ用紙でもいいので、今日これまでにした仕事、昨日した仕事、さらに思い出せる限りの最近した仕事を列記していきましょう。「完成した仕事、成功した仕事、無難ににこなせた仕事」だけをピックアップするのです。ミスした仕事については、とりあえず括弧に入れて、脇に置いておきます。

 5分あれば、かなりの仕事を思い出せるはずです。そうして並んだ仕事はいずれも「成功例」です。当たり前の日常業務で、ミスしようがないと思うような仕事でも、それをこなすということはつまり、「1つの仕事を完成させた」ことになります。

 普段は考えないであろう、そうした「仕事成功量」を可視化するのがポイント。それらの多くの仕事と、ミスをした仕事を対比してみれば、いかに成功量のほうが多いかわかるはずです。ミスをして落ち込みそうなときには、この作業を必ずしてください。それを繰り返すことがメンタルトレーニング。繰り返すうち、紙に書かなくても頭の中でできるようになるでしょう。

成果重視の自己評価

 このように、仕事の成功量を計ることで、ミスが縮小化されるはずです。「これだけたくさんの仕事を成功させてきたのだから、1つのミスぐらいそれほど大きな問題ではない」と自分に認識させるのが、このメンタルトレーニングの目的です。

 ただ単に、「自分はできる人間だ」と自分に言い聞かせても、説得力はないでしょう。「できる人間」であることを、自ら実証してみせる。それを習慣づけることによって、自然にポジティブシンキングができるようになります。1つのミスに落ち込むことなく、すぐに前を向いて歩き始めることができるのです。

足し算の思考トレーニング

 この実践方法をひと言で表現するなら、「足し算の思考トレーニング」ということができるでしょう。ミスというマイナスにだけ注目するのではなく、成功した仕事を足し算し、それと比較することによって、「ミスもするけれど、自分はできる人間だ」と実感することができるわけです。必要なのは、自分をそう納得させるだけの説得力。そのためには、目で見てわかる「足し算」が有効です。


 ただ気持ちを切り替えようと思ったり自分で自分を励ましたりするだけでは、なかなかミスで落ち込んだ精神状態を回復させることはできません。実践的なメンタルトレーニングによってしか、有効な対処はできないのです。ここで紹介してことを1つの方法例として、参考して下さい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する