1. 企画担当者が知っておきたい新商品の企画・開発が果たすべき3つの役割

企画担当者が知っておきたい新商品の企画・開発が果たすべき3つの役割

by Mat Honan
 新商品の企画・開発は、企業にとって最も重要な活動の一つです。ビジネスが常に前を向いて進んでいる以上、企業の安定的成長と利潤の確保を実現するためには、新商品の企画・開発が大きな役割を果たします。今回は、新商品の企画・開発が果たすべき役割について解説します。

1. 顧客の獲得

 新商品の企画・開発によって競争優位性を持った商品の販売が可能になり、市場において他社製品との競争に優位を得ることが可能になります。また競争優位性の持った用品は顧客の獲得につながり、シェア争いの面で有利な位置に立つことが可能になります。企業が商品を販売して利潤を得ているということは、顧客の獲得が利益に直接的につながるということです。顧客の欲求を叶えるような新商品を企画・開発することができれば他社に比べて圧倒的な優位が獲得され、実質的な市場支配の状態を実現可能になるでしょう。

 また、商品に新たな価値を与えることで価格面でも優位に立つことが可能になりますから、プライスリーダーとして市場価格をリードすることができるのです。

2. 市場の拡大

 イノベーションによる新商品の企画・開発が成功した場合、誕生した製品は従来の顧客とは全く異なる新しい顧客を開拓することができます。新商品が新たに切り開く市場には先行企業が存在しないため、新商品の開発に成功した企業が後発企業が現れるまでの間は市場を独占することが可能です。

 また新たに市場を拡大することで、業務そのものも拡大し企業の成長に大きく貢献します。単純なシェア争いやパイの奪い合いではなく、まったく新しい顧客によって有無出された新しい市場での企業活動は、事業の拡大という企業の成長を実現し、より大きな規模のビジネスの創出へと繋がっていきます。

 新市場の拡大はビジネスチャンスが大きくなるということでもあります。潜在的な欲求を救い上げるだけでなく、消費者本人も気づいていないような欲求を分析し、新しい価値観を示すような新商品の企画・開発が実現することで市場のあり方が変わり、新たなステップへと移行していくのです。

3. 社会的意義

 新商品の企画・開発は新たな可能性を実現し、顧客の潜在的な欲求をかなえることです。正しく新商品の企画・開発が行われた場合、新商品が持つ社会的意義によって社会全体の幸福が増大します。

 例えば、難病を治療するような新薬や、家事労働の負担を軽減する画期的な電化製品などは、新商品の企画・開発によって社会の幸福が増大する好例です。企業活動が単なる利益追求行為ではなく社会的使命を持った意義のあるものということが実感できれば、従業員の会社に対する忠誠心も増大し、誇りを持って働くことができるようになります。


 新商品の企画・開発は企業利益に大きく貢献しますが、果たすべき役割はそれだけにはとどまりません。一企業の立場を超えて広く社会全体の利益に貢献する、そんな新商品の企画・開発ができて初めて企業が社会の一員として正しく機能したと言えるのではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する