1. 商品企画・マーケティングの仕事をする上で持っておくと役立つ3つの資格

商品企画・マーケティングの仕事をする上で持っておくと役立つ3つの資格

by Dell's Official Flickr Page
 企画の仕事とは、どんな仕事でしょうか?簡単に言うと、消費者のニーズを捉え、新商品を生み出すのが商品企画の仕事です。将来、何が売れるかを予測して、企画や戦略を作り上げていく仕事ですので、大変やりがいのあると言えるでしょう。では商品企画や、マーケティングをするために、持っておいたほうがいいという資格はあるのでしょうか?

1. ビジネスキャリア検定

 ビジネス・キャリア検定試験とは、仕事ができる人材かどうかを評価する試験として、今注目を集めている資格です。主に、企画やマーケティング業務を行う際に、必要とされる幅広い専門知識を修得しているかどうかを確認するための試験です。

 中でも、ビジネス・キャリア検定「マーケティング3級」は人気があり、2級、1級となるにつれて、より専門知識が求められます。この検定の勉強をすることで、どんな企業にも通用する実務能力を身につけることができるため、資格を持っていると就職活動にも有利となるでしょう。

2. 商品プランナー

 商品プランナー(商品企画)は、各ブランドが対象としている客層を調べたり、価格のランクづけ、基本的なブランドのイメージの設定、さらに季節ごとの市場調査や、今年の流行などの情報を分析し、商品の企画をすることです。

 商品開発には大きく分けて2パターンがあります。1つは、まったく新しい商品を開発すること、もう1つは、既にある商品を改善するための開発です。商品企画の仕事内容は、担当する商品特性によっても、各企業によっても大きく異なりますが、この資格を取得していれば、転職するときにも有利と言えるでしょう。

3. 商品開発士

 商品開発士の仕事は、「市場からの視点」で商品を評価して、新商品の開発や改良をするほか、マーケティング、販売の戦略方法、販売促進の助言と指導、また、実践的な商品開発の助言・指導を行うなど、たくさんの知識とスキルが必要とされます。

 社内のあらゆる部門との調整が必要となますので、コミュニケーション能力も求めらられます。今は、ニーズの多様化によって商品の種類も増加の一途をたどる世の中です。ますます商品企画への要求は高まるばかりでしょう。


 いかがでしたでしょうか?商品を企画し、開発するという仕事は、企業業績を大きく左右するだけに、企画担当者のプレッシャーは並大抵なものではありません。だからこそ、携わった商品が注目され、爆発的に売れた時には、何事にも代えがたい満足感を得ることができるでしょう。企画の仕事で実力を発揮するためにも、以上のような資格を持つことは、きっとあなたの武器となるはずです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する