1. 場面にあわせて適切な戦略を練る!仕事の実務で使えるマーケティング手法の種類

場面にあわせて適切な戦略を練る!仕事の実務で使えるマーケティング手法の種類

by kevin dooley
 マーケティングという仕事についてどこまで理解しているでしょうか?マーケティングは企業活動において基礎となる仕事です。たとえ直接関わらなかったとしても、知っておくべき仕事です。今回は、そういったマーケティングという仕事の種類について紹介していきます。

1. マーケティングとは

 マーケティングとは、顧客が欲しがる機能やサービスを調査・分析して、自社製品やサービスを適切に提供できるようにすることです。店頭での売れ筋商品をチェックすることもマーケティングの大切な仕事ですが、アンケート調査やモニター調査をはじめ、最近ではインターネットを活用したマーケティング手法も利用されています。

 そして、マーケティングリサーチを行う目的は、顧客のニーズを知ることで、より顧客に気に入ってもらえる商品やサービスを提供できるように、改善を行うことです。企業側は、「この商品やサービスを、お客様は欲しがるだろう」と予測して構想を練り、商品開発を行います。その予測が、どの程度正しかったのかを検証することがマーケティングリサーチです。

2. マーケティングの種類

 マーケティングには様々な種類があり、どのような顧客をターゲットにするかによって戦略が違ってきます。

マス・マーケティング

 マス・マーケティングは、対象者を特定せずに、すべての消費者を対象にして行うマーケティング活動のことを言います。テレビCMなどは、顧客全員に対してアプローチを行う、昔からあるマーケティングの手法と言えるでしょう。

ダイレクト・マーケティング

 マス・マーケティングとは対照的な方法として、ダイレクト・マーケティングがあります。これは、見込客や購入者に、ダイレクトメール(DM)や電話、メールマガジンなどを活用して、商品やサービスを販売するマーケティングです。顧客と直接的にコミュニケーションを図ることが特徴です。

ワンツーワン・マーケティング

 そして、ダイレクト・マーケティングと似たようなものに、ワンツーワン・マーケティングがあります。これは、一人ひとりのニーズに合わせてマーケティング活動をするマーケティングのことです。これは、顧客の識別を行うためのデータが必要になるため、事前に、顧客情報を集め、データをデータベース化することが必要です。

テレマーケティング

 もう1つ、ダイレクト・マーケティングの方法の一つとして、電話を使ったマーケティング活動があります。電話のほかにも、DMやFAX、Eメールなども活用されています。地域の特性を考慮したエリア・マーケティングもあります。

インターネット・マーケティング

 インターネット・マーケティングはインターネットを使ったマーケティング活動のことでWebマーケティングとも呼ばれるます。インターネット広告などがあります。インターネット広告の市場は、増加の一歩をたどり、今後ますますインターネットを活用したマーケティング活動の拡大が見込まれるでしょう。

3. まとめ

 これまで見てきた通り、マーケティングには様々な種類があります。マーケティングときくと、難しく聞こえるかもしれませんが、簡単に言えば企業が顧客に商品などを買ってもらうための戦略を練ることです。しっかりと理解し、商品の品質向上に努めていきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する