1. 企業がマーケティングにTwitterを活用することで得られる3つのメリット

企業がマーケティングにTwitterを活用することで得られる3つのメリット

by telmo32
 SNSをマーケティングに取り入れる事例が増えていますが、中でも注目度が高いのがTwitterを活用したマーケティングです。Twitterはユーザー数が多く、参入コストも低いことから、マーケティング予算の少ない中小企業でも活用可能なマーケティング手法と言えるでしょう。

 Twitterマーケティングによって企業が得られるメリットにも色々なものがあり、中には巨額の予算をかけても得られないような特徴的なメリットも存在します。今回は、企業がマーケティングにツイッターを活用することで得られるメリットを紹介します。

1. ユーザーの要望がダイレクトに届く

 Twitterの一番の特徴は、ユーザー間の活発なコミュニケーションにあります。企業アカウントが個人ユーザーと直接交流することも珍しいものではなく、中には容貌や欲求を直接投げかけるユーザーも存在します。

 企業によってユーザーの要望や欲求は、大きなビジネスチャンスの糸口になるでしょう。実際に不満を感じているユーザーがいるということは、それを解消した製品を販売すれば必ず売り上げにつながるということです。従来はユーザーの潜在的な欲求を知るためには、高いコストを払って消費者意識調査を行う必要がありましたが、Twitterを活用すればユーザーの持つ潜在的な欲求を直接受け取ることが可能になり、サービスの改善や新製品開発に生かすことが可能になりました。

2. 企業イメージをアップさせる

 企業の公式Twitterアカウントは、企業イメージを左右する重大存在でもあります。公式アカウントが気の利いた発言や粋な振る舞いを見せた場合、ユーザーは企業アカウントに対して好印象を抱くようになり、そのような活動を認めている企業本体にも好印象を持つようになります。従来のイメージ戦略はテレビCMなどに巨額の費用が掛かりましたが、Twitterを活用すれば安価なコストで企業イメージをアップすることができます。

 ただし、企業イメージのアップが可能ということは、同時にイメージがダウンしてしまう可能性もあるということです。不用意な発言やふさわしくない態度でい企業イメージを損なってしまった実例も少なくありません。イメージ戦略であることが前面に出すぎると、かえってユーザーからは反発を買う結果となってしまいます。正しく利用すればイメージアップに大きく貢献してくれるので、イメージの改善を目指すのであればTwitterマーケティングの導入を検討してください。

3. 高い販促効果

 Twitterマーケティングを最大限に活用することで宣伝活動を効率的に行うことが可能になり、高い販売促進効果が生まれます。Twitterの特性の一つであるリアルタイム性を最大限に活用すれば、現在の価格や在庫状況、タイムサービスなどを随時的確に顧客に知らせることが可能になり、知りたい情報を欲している人へ正しく届けることが可能になります。また、発したメッセージがリツイートや共有などで拡散すれば、従来の顧客以外にも販促効果は波及し、新たな顧客を獲得する絶好のチャンスとなるでしょう。


 
 企業がマーケティングにTwitterを活用する例は今後ますます増加していくことが予想されますが、単にツイッターアカウントを開設しただけでは正しいマーケティングとは呼べません。Twitterの持つ特性を正しく理解し、他のメディアではできないような方法でのマーケティングが実現して初めてTwitterマーケティングが成功したといえます。

 Twitterマーケティングは参入へのハードルが低い分、努力して運営しないとあっという間に埋もれてしまいます。マーケティングにTwitterを活用するためには、常に最善の手法を追求し、新しいことにチャレンジし続ける姿勢が求められます。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する