1. マーケティングリサーチを仕事として行う上での2ステップ

マーケティングリサーチを仕事として行う上での2ステップ

by paul bica
 マーケティングリサーチを自社でおこなう場合どういった手順が必要になるのでしょうか。情報の確実性の向上のためにも自社で行うことが可能であれば行いましょう。今回はマーケティングリサーチを仕事として行う上での手順を紹介していきます。

1. まずは、基本的に情報を収集する

 まず、マーケティングを行う上で、やることとしては、どのような調査をするのかということを決定することであります。 マーケティングを行う前に、どのようなことをコンセプトとして商品を開発したいのかという具体的な方向性を事前に決めた上で、以前に調査したもので重複した内容のものがないかを調べ、アンケートなどの作成・調査に取り掛かります。

 次に、調査する対象として、どのようなターゲット層に対して調査をし、そこからどのような方法によって情報を収集するのかということを選定します。その後、実際の調査を行います。 

2. 収集した情報を分析する

 情報を収集し終えたら、その集めた情報を分析することが次の仕事になります。得た情報がどのような傾向の意見があるのかということを、年代や客層、時間帯など様々な面で分析して、その傾向をつかみます。

 また、その際には有効な調査である部分とそうでない部分とを選別しなければいけません。そして、リサーチをした結果、どのような傾向があったのかということを、分析し、まとめをして分析が終了となります。そして、分析し終えた情報の結果を各部署に送達して、意見を反映させるようにすることまでが、マーケティングリサーチの仕事内容となるのです。

 以上が、マーケティングリサーチを仕事として行う上での手順です。調査と分析には多大なコストがかかりますが、会社の発展のために、しっかりとこなしていきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する