1. 必要となるスキルは顧客分析とメディアの最適化!Webマーケティングをするために覚えておくべきこと

必要となるスキルは顧客分析とメディアの最適化!Webマーケティングをするために覚えておくべきこと

by kozumel
 企業活動や営利活動、非営利活動に問わずWebサイトを通じた顧客の獲得の割合が増えてきました。これにともないWebマーケティングの重要性も高まり、それに必要なスキルはどういったものかを模索する動きも出てきました。そこで今回は、Webマーケティングについて紹介していきます。

1. Webマーケティングとは

 Webマーケティングとはそもそもなんでしょうか?まずマーケティングは、顧客が求めるサービスや商品を分析し、作り上げ、それを顧客利用してもらうことです。企業や商品やモノ、サービス、システムを売るために何が売れるのか、顧客や消費者はなにを求めているのか、どういった商品やサービスを作ればいいのかを考え作っていくのがマーケティングです。

 Webマーケティングは主にWebサイトなどを通じて顧客の消費行動、意識を分析しアプローチしていくことです。

2. Webマーケター

 Webサイトに集客した見込み客をしっかりと掴み、失わないためにWebマーケターと呼ばれる専門のマーケターの力が必要になってきます。彼らは顧客や見込み客がどのような経路でWebサイトに訪れたか(検索エンジン・バナー広告・ポータルサイト)、また自社のWebサイトのどのページにアクセスし何を見ているのか、そしてサイトを訪れた顧客とどう接点を持つか、持ち続けるかと分析します。

3. どのようなスキルが必要か

 では実際にWebマーケターにはどのようなスキルが必要なのでしょうか。まず、上述のようにサイトにアクセスしてくる顧客の分析をすることが必要です。そして、そのためにはやはりSEO対策やWeb広告、アフィリエイトなどの知識が必要になり、そこから訪れる顧客をしっかりとらえるためにランディングページを作り、最適化していく能力も求められます。

 Webサイト以外にもメールマガジンやブログやツイッターなどで補完することもあるでしょう。そういったマーケティングの力とWEBサイトをプロデュースするスキルが求められます。Webマーケティングとは自社のWebサイトを通じて顧客および顧客の求める商品やサービスを分析し、新たに作り上げたりすることです。そのために必要なスキルは主にWebマーケターに準ずる能力です。

 具体的にはサイトにアクセスしてくる見込み客の分析で、SEO対策やアフィリエイトなどの広告、Webサイト構築能力やランディングページの最適化の能力などです。WebサイトやWebコンテンツに関わる知識とともに、調査して、解析・分析する能力が求められるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する