1. 必ずしも調査に正確性がない事も認識しよう!マーケティングにおけるアンケート調査の課題と解決方法

必ずしも調査に正確性がない事も認識しよう!マーケティングにおけるアンケート調査の課題と解決方法

by albertogp123
 近年ではマーケティングの手法として、インターネットによるアンケート調査が取り入れられています。インターネットアンケートでは、郵送調査と違い、郵便代などのコストを削減できる他、誰でも簡単にアンケートフォームを作成し、調査が行えるというメリットがあります。 

 また、郵送調査や個人面接等、電話法等とは異なり、短時間で調査が出来るという点もメリットとして挙げる事ができます。 しかし、このようなインターネットアンケートですが課題も存在します。今回はインターネットアンケートに伴う課題とその解決方法について紹介していきます。

1. マーケティングにおけるインターネットアンケートの課題

 課題として挙げられることは、回答者がパソコンを持つ人や、インターネットを利用する人に限定されるということです。インターネット利用者しか回答が困難なため、回答する人が偏ってしまう可能性も出てきます。更に、アンケートで無作為に回答者を探すという方法が出来ないということも今後の課題です。

 また、相手を確認した上でアンケートに答えてもらう事ができなかったり、プロモーション方法によっては偏った層の人にしかアンケートフォームを提示できないような自体も発生し、正確に社会調査が行えないという可能性もあります。

2. インターネットアンケートの課題の解決法

 上記のような課題を解決するための方法として、インターネットマーケティングと別の調査方法を組み合わせ、同時に行うという方法があります。例えば、他の調査方法には、郵送調査や面接による調査、電話調査、来場者調査、購買履歴調査やホームユーステスト、観察調査やグループインタビュー等があります。 

3. まとめ

 マーケティングに長けている企業ほど、このような様々なリサーチ方法を使い分け、製品を開発しています。インターネットアンケートのみに拘るのではなく、他の調査と同時に行う事で、問題点の解決につながる事もあります。 状況に合った情報収集を心がけましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する