1. マーケティング戦略における「価格戦略」の意味

マーケティング戦略における「価格戦略」の意味

by Hamed Saber
 マーケティングにおける価格戦略とは、何を意味するのでしょうか?価格戦略はマーケティングにおいて大切な要素の一つになります。今回はその意味と手法について紹介していきます。

 1. マーケティングにおける価格戦略とは?

 価格戦略は、ビジネスの考え方「4P」の一つです。4Pとは、商品戦略、価格戦略、流通戦略、プロモーション戦略の事を言います。これらは相互に関係し合う事で、販売目標の達成に繋げる事ができます。 

 価格戦略には、価格の設定や維持、変更があります。具体的には、高価格でも購入する消費者をターゲットに定める価格設定を行う事や、市場のシェアを高め、低価値を付ける価格設定等が挙げられます。 

 他にも、原価や重要、消費者の心理や競争等を意識し、価格が設定される場合もあります。更に、価格の維持や変更も企業にとっては価格戦略の一面になります。

2. マーケティングにおける価格戦略の手法

 この項目では価格戦略の手法について説明します。まず商品を市場に出す為には、価格の決定が重要になっています。価格の決定の際には市場の他に競合や自社についても考えます。

 例えば、市場に関しては、「顧客は誰なのか」「市場は成長しているのか、縮小しているのか」「顧客はその製品を誰から購入するのか」等が挙げられます。 

 競合については「競合は誰か」「コストの構造はどのようになっているのか」、自社については、変動費と固定費を見極めた上で、その割合や今後の変化について考えなければなりません。 

 また、カスタマーバリューにおける最大値で価格設定をする事は、企業に対して1番利益を与える事に繋がります。しかしその際には、カスタマーバリューを顧客にしっかりと伝える広告や宣伝が欠かせません。 

 以上が、マーケティング戦略における「価格戦略」の意味です。しっかりとマーケティングを理解し、会社の利益や顧客満足度を向上させていきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する