1. 売れる仕組みを確立するために知っておきたいマーケティングの基本となる3つの概念

売れる仕組みを確立するために知っておきたいマーケティングの基本となる3つの概念

by striatic
 企業が利益の追求を第一目的に成立している以上、常に利益を意識する必要があります。利益を上げるためには売り上げが必要であり、売り上げのためには顧客が必要になるのです。

 もし企業が完璧なマーケティングを実現した場合、企業はマーケティングを導入した結果として「売れる仕組み」を確立することが可能になります。今回は、売れる仕組みを確立するために知っておきたいマーケティングの概念を紹介しましょう。

1. マーケティングとは顧客を正しく理解することである

 マーケティングの目的は新規顧客の獲得です。新規顧客の獲得が売り上げアップにつながり、最終的な企業利益を実現します。新規顧客を獲得するためには、顧客に売れる商品を開発しなくてはいけません。そこで重要になるのが、企業の顧客に対する正しい理解です。

 もし企業が顧客を正しく理解することができれば、顧客が潜在的に抱えている欲求を満たす商品を供給することが可能になります。そのような商品を販売することができれば企業は圧倒的な競争優位性を獲得し、大きな利益と経営の安定が実現するのです。

 また顧客の正しい理解は潜在的な欲求を正しくすくい上げ、顧客の願望を充足させる商品開発の実現に繋がっていきます。そのような商品が実現すれば、企業にとっては積極的な売り込みをする必要が無くなり、広告や営業をしなくても売れる仕組みが実現していくでしょう。

2. マーケティングとは顧客の共感を得ることである

 マーケティングが利益を目的としている以上、企業にとっての顧客は利益の源泉になります。しかし、ここで顧客を単なる金銭獲得の手段と考えてしまうと、マーケティング戦略的にはマイナスです。現代のマーケティング戦略で重要なのは顧客の共感を得る事であり、単純な金銭で測ることの難しい価値を提供すること。例えば、企業活動が社会的に意義のあるものであった場合、顧客は不利な条件や最適ではない条件でも企業の商品を購入してくれることになります。

 海外との公正な貿易をうたうフェアトレード商品は、価格競争では不利な商品ですが、顧客は企業のフェアな姿勢に共感して商品を購入してくれます。単純な商品価格や性能を超えた価値を提供することが売れる仕組みへとつながり、商品の競争優位性を高める結果に繋がっていくのです。

3. マーケティングとは顧客の幸せを増やすことである

 マーケティングは市場における企業活動の支えとなるものですが、新時代のマーケティングでは単純な経済行動だけをとらえてるようなことはせず、顧客の幸福そのものを目的としています。価格の変更や商品改革はマーケティングの基礎となるものですが、それだけでは価値観が多様化した時代では戦略としては力不足。

 「価格を下げれば顧客が増える」というような単純なものではなく「顧客の幸せのために行動することが企業利益を産む」という考え方に立ったマーケティングが行われなければ、企業に対する信頼性の獲得が困難になってしまいます。企業に対する信頼性は売れる仕組みを支える基本的なものですから、顧客の幸せを考えた行動こそが売れる仕組みを支える根幹になるのです。


 売れる仕組みの確立とは、信頼できる企業が消費者のニーズにこたえる製品を販売する、というモデルが成立した状態です。売れる仕組みを継続するためにはどの要素が欠けてもいけません。全ての要素がそろって初めて売れる仕組みは成立し、維持していくためにも大きな努力をする必要があります。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する