1. ドラッカーから学ぶ!マーケティングの意味

ドラッカーから学ぶ!マーケティングの意味

by williamcho
 経営学を学んだ事のある人なら誰でも名前を聞いた事があるのがドラッカーでしょう。ドラッカーは「マネジメント」で有名ですが、マーケティングについても有用なものを残しています。今回は、ドラッカーが話すマーケティングの意味について、紹介していきます。

1. ドラッカーとは?

 ドラッカーは、本名を「ピーター・ファーディナンド・ドラッカー」と言い、オーストリアに生まれた経営学者として有名です。

 「マネジメントの父」、「マネジメントの発明者」とも呼ばれ、著書『マネジメント』は、様々な人の共感を得る事ができました。また、その著書の中での数々の名言でも有名です。 

2. ドラッカーの言うマーケティングの意味とは?

 ドラッカーは、マーケティングにおいて、以下のような言葉を残しています。「企業の目的は「顧客の創造」である」また、その為には「マーケティング」と「イノベーション」が必須であると考え、「マーケティングとは、"顧客は何を買いたいかを問う"ことである」「イノベーションとは、"顧客の新しい満足を生み出す"ことである 」とそれぞれ述べています。 

 ドラッカーにとってのマーケティングの意味とは、「組織をして成果を上げさせるための道具・機能・機関」であり、狙いを「顧客というものをよく理解し、製品が顧客にぴったりと合って、ひとりでに売れてしまうようにすること」としています。その為に必要になるのが、マーケティングとイノベーションのバランスで、マーケティングとはあくまでマネジメント活動の一部として考えています。 

3. まとめ

 以上が、ドラッカーが説明するマーケティングの意味です。ドラッカーはマーケティングにおいて「マーケティングの理想は販売を不要にすることである」という言葉を残しています。この言葉は、ビジネスを顧客に押しこんでいくのではなく、顧客に「これが欲しかった」と自然に思ってもらえるような環境を築く事の大切だということを意味しています。ドラッカーなど著名な学者の本を読み、会社の発展に繋げていきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する