1. Linkedinを使用したマーケティングの方法

Linkedinを使用したマーケティングの方法

by nan palmero
 Linkedinというサービスを知っているでしょうか?このサービスは米国で生まれたビジネス特価型のSNSです。日本ではまだそれほど活用されていませんが、Linkedinを用いる事で、法人に対するビジネスが上手くいくこともあります。ここでは、Linkedinを用いたマーケティングお方法についてお話しします。

1. そもそもLinkedinとは?

 Linkedin(リンクトイン)とは、世界最大級のビジネス特化型のSNSです。米国では特に有名で、仕事には欠かせないサービスとなっています。2011年に日本語対応でサービスが開始されましたが、まだあまり馴染みがありません。それは、米国と日本のビジネスの習慣の違いによるものかと考えられます。シリコンバレーでサービスが開始された事やインターネットを使用して労働を行うという環境が整えられている事から、Linkedinがよく使用されるようです。

 Linkedinは誰でも無料で登録すれば始められます。登録の際は基本は実名で登録し、学歴や職歴等を公開することでスカウトや就職活動、採用にも利用されます。また、もう一方の利用手段として、ビジネスチャンスの開拓や拡大があります。

2. Linkedinを用いたマーケティング手法

 Linkedinは、BtoBマーケティングに最も適しています。BtoBマーケティングとは、「Business to Business」の略で、法人顧客を相手にするビジネスの事です。ちなみにこれに対する用語にBtoCがあります。BtoCは「Business to Customer」の事で、個人顧客を相手にしたビジネスの事を言います。

 FacebookはBtoCに適しているとされますが、Linkedinでは、真面目な印象のコンテンツ配信プラットフォームの機能強化にも取り組んでおり、BtoBに強いです。 Linkedinはエンターテイメント性を控えることで、「有益なコンテンツ」として、法人顧客にアピールできます。実際にマーケティングに上手に取り入れるには、Linkedinを法人向け顧客に対し、どのように組み立てるかという事を考えなければなりません。

3. まとめ

 Linkedinではプロフィールを作った後、先ずは知り合いと繋がる事でコネクションを増やしていくアクションが必要です。 

 また、繋がるといってもただ増やす訳ではなく、質のよいネットワークを持つことでビジネスに対するチャンスは広がります。知り合いを増やす方法には、質問をしたり、コメントをお投稿したり、興味深いコンテンツのシェア等が挙げられます。最終的にはお客様や見込み客、パートナー、仕入先等様々な人と繋がり、ネットワークを広げて行きましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する