1. 人々を魅了するブランディング!LadyGagaから学ぶマーケティングリサーチの手法

人々を魅了するブランディング!LadyGagaから学ぶマーケティングリサーチの手法

by pumpkincat210
 世界的に有名なミュージシャンであるLadyGagaのマ―ケティングリサーチとは一体なんでしょうか。LadyGagaは、世界中の人々を魅了し続けています。確かに歌や美貌は非常に秀でているものがありますが、それだけで国や人種の異なる人々に受け入れられるわけではありません。

LadyGagaとは?

 LadyGagaは米国で最も人気のあるミュージシャンの一人です。2010年5月のアメリカ「タイム」誌の特集で行われた「タイム100」のアーティスト部門の1位にも輝き、奇抜なファッションが特徴的です。社会貢献も活発で、配置の自身の際には50万ドルを寄付しており、東日本大震災でもリストバンドを5ドルで販売し、売上を寄付しています。 

LadyGagaによるマーケティングリサーチの手法

 LadyGagaはソーシャルメディアを使いこなし、フォロワーを魅了し続けています。マーケティングリサーチの方法では、まずは応援してくれるファンの理解から始まります。

 例えば、LadyGagaはゲイクラブで演奏を行う事で、ロイヤリティーを獲得し続けています。ジェンダーやAIDSの問題に向き合う事で、人々の理解を深め、まず人としてファンと向き合う姿勢を見せています。

 また、LadyGagaはスーパーファンの存在を理解しようとします。スーパーファンはデジタル楽曲やCDの購入・コンサートの参加・グッズ集めなど、売り上げがとても大きいです。そのため、LadyGagaはスーパーファンのマーケティングリサーチを欠かせません。

 「Littlemonsters.com」というスーパーファン限定のソーシャルネットワークサービスをスタートさせたのもマーケティングリサーチの一環です。リアルタイムでファンからの意見を聞き、フィードバックをして実行することでファンの獲得に努めています。

 以上が、Lady Gagaから学ぶマーケティングリサーチの手法です。LadyGagaがファンと対話する方法として一番実行していることは、「ファンがいるところに会いに行く」ということです。新しい土地に行く際には、その土地を知るためにしっかり調査します。そして、その土地の人達の食物を食べることにより、彼らの習慣を学んで理解を深めているのです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する