1. 全ては消費者のために!経営者も覚えておきたいマーケティングの根本原理

全ては消費者のために!経営者も覚えておきたいマーケティングの根本原理

by [cipher]
 マスメディアマーケティングやインストアマーケティング、Webマーケティングなど、マーケティングの媒体や手法はいまや無数にあります。しかし、マーケティングの原理原則というのは、根本的には不変であると言われます。人間の深層心理は、ころころと変わるものではないからです。ここでは、マーケティングの原理原則を考えてみます。

マーケティングの原理原則

 昔からよく言われるマーケットの原理原則には、以下のようなものがあります。

消費者への優しさが、競合に勝る最大の武器となる

 マーケティングを行う上で大事なのは、まずは消費者に寄り添った商品開発を行い、その上で競合に勝つことを考えましょうということです。周囲の企業に勝つことだけを考えると、消費者から相手にされなくなるということです。

イノベーションはスタンダードを生み、スタンダードは細分化されてイノベーションに駆逐される

 まず革新的なモノが生まれ、それはやがてデファクトスタンダードとなります。そのスタンダードは詳細が変わって細分化し、やがては次のイノベーションが起きて忘れられるということです。常にマーケットは動き続けるということです。

長期トレンドは、短期的トレンドに勝る

 何事においても、長期的な視点に立ったマーケティングが有効ということです。一時期の流行を追っても、長い目で見た戦略には最終的にはかないません。

成功は失敗から生まれる。失敗は挑戦から生まれる。挑戦は分析から生まれる。分析は目標から生まれる

 成功に至るまでの過程には目標→分析→挑戦→失敗の繰り返しです。それを何度も続けることでようやく成功にたどり着くのことです。目標を立て分析を行い、挑戦して失敗する。成功のためにはこの繰り返しが欠かせません、

目指すべき場所は頂上である。中腹を目指しても頂上への道はわからない

 やるからには一番を目指しましょうという意味です。頂上を目指すことで初めていろいろなノウハウが身に付きます。


 マーケティングでよく言われる原理原則は結局のところ、企業経営全般に言えるものなのかもしれません。何事も高い目標を立て、消費者のことを長期的な視点で考え、常にチャレンジを繰り返すということが本当のマーケティングであり経営なのです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する