1. マーケティングに強い企業が行っている戦略の2つの特徴

マーケティングに強い企業が行っている戦略の2つの特徴

by szeke
 日本の企業はまだまだマーケティングに弱いと言われています。しかし、マーケティングに力を入れ、成功している企業が大きく目立ってきていることも確かです。では、マーケティングに強い企業の特徴とは一体どのようなものなのでしょうか。

1. ユーザーとの交流が盛ん

 昨今のマーケティングはIT技術の進歩に伴って大きく形を変えてきました。特に、ソーシャルメディアを活用したマーケティングに成功している事例は多く見られます。単純にソーシャルメディアを使うだけでなく、そこでユーザーと質の高い交流ができ、その交流から分析がしっかりできるかどうかが重要なのです。

 ただ情報を流すだけでは意味がありません。ユーザーが意見を出し易い環境を作り、そこからニーズを引き出すという目的意識を持つことが必要となってきます。マーケティングに強い企業はそれが上手くできているという印象が強いです。

2. ユーザー情報を蓄積させている

 ユーザーのニーズは常に変化しています。その情報をしっかり蓄積できているかどうかがマーケティングを強化するのに大事な点です。上記した交流もそうですが、ユーザーの意見の取り入れ方を多様化させていく必要があります。

 同じ情報をただ繰り返し提供するだけでなく、媒体やユーザー層、状況によって常に発信の仕方を変化させていく企業が、マーケティングで勝ち残っていけるのではないでしょうか。

 もし自社のマーケティングにまだ余力が残っていると思ったら、まずは他の企業がどうった戦略をとっているのかを調べ、ユーザーの動きをしっかり意識するところから始めてみましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する