1. メンタルのケアとして仕事を休むことが有効な理由

メンタルのケアとして仕事を休むことが有効な理由

by João Lavinha
 身体的な問題が発生したり、病気にかかったりしない限り、なかなか仕事を休むことができない人もいると思います。特に、メンタルのケアがしたいという理由は症状を証明しにくく、人間関係を悪化させると不安になってしまうこともあるでしょう。しかし、時には思い切って休むことも重要なのです。

無理をすると感覚がマヒしてしまう

 メンタルのケアが必要な人は、それを自覚できているうちに休んだほうがいいでしょう。なぜなら、その症状が行き過ぎてしまうと、ケアが必要だということにすら気付けなくなってしまうからです。仕事に支障が出ると思った時点で、すぐに会社に相談することをおすすめします。なかなか言いにくいことではあるかもしれませんが、自分の身体のために必要なのです。

休むというよりはリフレッシュという感覚で

 身体ではなく心のケアが必要な場合、休むという感覚ではなくリフレッシュをするというイメージのほうが良いかもしれません。仕事中にリフレッシュができればいいのですが、それが難しい場合はやはり休みを貰うようにしましょう。特に、仕事が少しでもメンタル悪化の原因になっているのなら尚更です。

 最近では、メンタルのケアのために仕事を休むことを許してくれる企業も増えています。会社内にそういったサポートをしているシステムもあるかもしれないので、我慢して働くという選択肢はなるべく消しておいて、どうやったら効率良くケアできるのかというところを中心に考えてみましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する