1. シニアマーケティングについて学びたい人が読んでおくべき3つの書籍

シニアマーケティングについて学びたい人が読んでおくべき3つの書籍

by The U.S. National Archives
 シニアマーケティングとはなんでしょうか?日本は人口構造における高齢者の割合が非常に大きい国です。そのため、そういった層を狙った商業活動は活発です。さらに、高齢化は続いていくため、こういったシニアマーケティングは今後も必要となります。今回は、そういったマーケティング方法を学ぶためにオススメの書籍を紹介していきます。

1. 「シニアシフトの衝撃」

 高齢化し続ける社会におけるビジネスの方向性について述べた本です。高齢者が「不自由」と感じることに焦点を当て、その解消をすることで、収益を上げるという、高齢者にも若い世代にもWin-Winなビジネスモデルを紹介しています。

2. 「GS世代白書」

 この本は、20社を超える企業が「団塊世代」の消費を促進させることに関して行ってきた研究について紹介している本です。分厚いですが、「60代がわかる」多くのヒントが詰まっており、全てのビジネスマンにオススメ出来る本です。

3. 「100兆円プラチナエイジ市場を動かした オヤノタメ商品 ヒットの法則」

 わかりやすくかつ説得力のある高齢者ビジネスの指南書です。シルバー世代の消費心理を知る上で非常に参考になり、また、シニアの方の理解を深めることで、高齢者の方をより大切にしたいと思わせてくれる本です。 ここでは、シニアマーケティングについての書籍について紹介しました。日本の高齢化は終わりません。そのため、高齢者の方が生活しやすい社会を作る必要があります。シニアマーケティングによるビジネスモデルの創出はそのための手段として非常に価値のあるものだと言えるでしょう。 ここでは、シニアマーケティングについての書籍について紹介しました。日本の高齢化は終わりません。そのため、高齢者の方が生活しやすい社会を作る必要があります。シニアマーケティングによるビジネスモデルの創出はそのための手段として非常に価値のあるものだと言えるでしょう。
 ここでは、シニアマーケティングについての書籍について紹介しました。日本の高齢化は終わりません。そのため、高齢者の方が生活しやすい社会を作る必要があります。シニアマーケティングによるビジネスモデルの創出はそのための手段として非常に価値のあるものだと言えるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する