1. Webサイトの企画編集を任されたときに読んでおきたい書籍3冊

Webサイトの企画編集を任されたときに読んでおきたい書籍3冊

by Wolfgang Staudt
 最近では多くの会社でWebサイトを使った企画が増えています。Webコンテンツの企画、運用のスキルはこれからあらゆる場所で重宝するでしょう。今回はWebサイトの企画や編集を勉強したい人にオススメの本を紹介します。

『Webサイト制作・運営に役立つ! ホームページ担当者が最初に覚える100の基本』

 会社でWebサイトの運営を任されたらまず読んでおきたい本です。サイトの作り方、運営の仕方からSEO対策まで押さえておくべき基本が網羅されています。初心者にとても親切な作りなのでWebサイト制作が分からない人にオススメです

『Webディレクション標準スキル152 企画・提案からプロジェクト管理、運用まで』

 設計から指示の仕方まで幅広いスキルが求められるWebディレクターのための本です。とはいってもサイト全体の構築の仕方や、クライアントの依頼をどのように形にするかなどはWebディレクターだけが知っておけばよいものではありません。Webサイトに携わる人なら知っておいて損のない知識が詰まっています。広い視野でWebコンテンツの企画を見通したい人は読んでみてはいかがでしょうか。

『WEBデザイン ゼロからあれこれわかる本』

 Webサイトの企画をするのならサイトのデザインも考える必要があります。細かいところまでは分からなくても、大まかな構成や狙い、考え方などの基本事項を押さえておけばプロに任せるときにもスムーズにできます。Webデザインに必要な基本知識を広く抑えるておいてはどうでしょうか。


 Webサイトを作るときにはこれらの本に加え、分からないことがあればネットで検索するのも有効です。マニュアルとしての書籍と、手詰まった時に調べるインターネットがあれば、ある程度の悩みは解消できます。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する