1. マーケティング戦略を決める時に自社の「強み」と「弱み」を分析する意味

マーケティング戦略を決める時に自社の「強み」と「弱み」を分析する意味

by Port of San Diego
 マーケティングの戦略策定のときには、SWOT分析をして、自社の強みと弱み、または、脅威や機会を分析することがあると思います。では、自社の強みや弱みを分析することに意味はあるのでしょうか?ここでは、マーケティングで戦略を決める時に自社の強みと弱みを分析する意味を紹介したいと思います。

自社の現状を把握する

 マーケティングをするときには、自社の置かれている状況を把握する必要があります。自社の様子は、分析しなくても理解できていると思いがちですが、意外と分析することでわかることも多いのではないでしょうか。自社の位置を把握する意味でも、強みと弱みの分析を行いましょう。

強みと弱みを知ることでマーケティングが正確に

 強みを弱みを知ることで、自社が得意としている部分と、自社が苦手にしている部分が明らかになると思います。そうすることで、自社にしっかりと合ったマーケティング手法を取ることが出来るのではないでしょうか。例えば、知名度が低いという弱みを抱えているのであれば、マスメディアやソーシャルメディア上での知名度向上をマーケティングとして行う必要があるでしょう。このようにマーケティング手法を決める意味も強みと弱みの分析にはあるようです。


 ここでは、マーケティングの戦略を決める時に自社の強みと弱みを知る理由を紹介しました。強みと弱みを知ることで、自社の立ち位置を把握し、それ相応のマーケティング手法を打ち出すことができます。マーケティング担当者はしっかりと強みと弱みの分析を行うようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する