1. マーケティング戦略を策定する上で最低限押さえておきたい分析の用語

マーケティング戦略を策定する上で最低限押さえておきたい分析の用語

by COSCUP
 マーケティング戦略には基本用語が存在します。経営に携わっている人ならば是非覚えておくべきでしょう。では、今回はマーケティング用語の中でも戦略を考える上で具体策に直結するものをピックアップしてみようと思います。

3C分析

 3C分析とは、 自社(Company)、競合(Competitor)、顧客(Customer)の3つを切り口に分析するということを目的とした用語です。さらに細かく掘り下げていくと、自社の強み、顧客は誰か、競合相手は誰か、といったように表現できます。これらをそれぞれ分析して比較することによってマーケティング戦略を打ち出す助けになってくれくれます。

SWOT分析

 次は、SWOT分析です。SWOT分析とは、Strength(強み)、Weakness(弱み)、Opportunity(機会), Threat(脅威)のことを示します。マーケティングを行う上では必ず押さえておきたい用語なのですが、重要なのはその使い方をしっかり理解できるかどうかです。ただ分析するだけでなく、それを戦略に生かすということを忘れては意味のない知識になってしまいます。

 マーケティングの用語、他社と比較するものが多く、管理が必要な要素を多分に含んでいるので是非覚えて実戦に使えるように備えておきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する