1. マンネリを避けるにはどうすればいい?企画案が出やすい会議の進め方

マンネリを避けるにはどうすればいい?企画案が出やすい会議の進め方

by 22n
 会議というのはどうしてもマンネリになりがちです。何か新しい意見や情報を得たいと思っても、なかなか発言が活発になりません。ここでは企画案が生まれやすい会議を作るためにはどうすればいいか紹介します。

普段からコミュニケーションが生まれやすい空気を作る

 会議でたくさん発言が出るようにするには、普段から部署内の空気が良いものでないといけません。ある程度会話ができる人同士でないと会議の場でも意見の交換は難しいでしょう。そのためには部署内でのコミュニケーションを積極的に増やしてみてください。あなたから同僚を誘ったり、仕事の相談をしたり、相談のための場を設けるなどです。このような施策が浸透すれば、参加者全員が当事者意識を持ち会議にも主体的に参加してくれます。

事前に課題を与える

 会議で企画が活発になるために、予め参加者全員に企画案を考えてきて貰いましょう。会議になってから頭をひねるのではなく、あらかじめ考えた案について議論するので時間を有意義に使えます。

 案を考えてきてもらうときは、本数のノルマなどを与えておくとよいでしょう。また、Aさんには子供向け製品、Bさんには老人向け製品というように、微妙に異なるテーマを与えると意見交換の場が有用になるかもしれません。


 いかがでしょうか。会議を成功させるには事前の対策が一番大切です。会議になってから慌てることがないように、あらかじめどんな会議にしたいかをしっかり想定しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する