1. 英語のメールで「相談」「お願い」をする時に使えるフレーズ

英語のメールで「相談」「お願い」をする時に使えるフレーズ

by Takashi(aes256)
 ビジネスをしていると誰かにお願いをしなければいけない状況は多く存在します。国際的なビジネスをしている場合でもそれは変わらないでしょう。ここでは、英語のビジネスメールで納期の期限などを相談する時に知っておきたいフレーズを紹介します。

オススメは「I would like to ask you」や「I need to ask you」

 「相談」という英語で思い浮かぶのは「Consult with ~」というフレーズだと思います。ただ、主語を何にすれば良いかなどが分かりにくいし、仮に文ができたとしても文法的に間違っている可能性もあります。このようなことが起こらないように、ストレートかつシンプルな表現を使うと安心です。そこでお勧めなのが「I would like to ask you」や「I need to ask you」です。

 また、「~をお願いします」という場合には、「Would you please」や「Could you please」などのフレーズが使えます。間違っても「Will you ~ 」を使うのは避けてください。「Will you ~」は命令の要素を含んでいます。お願いをした場合には「I appreciate it.」とお礼の言葉を添えると、相手も気分良く対応してくれるかもしれません。

アドバイスを求めたい場合は「I need your advice.」

 いきなり何かを依頼するのではなく、「あなたからのアドバイスが欲しい」というフレーズも便利です。「I need your advice.」がそれにあたるフレーズです。こちらもシンプルかつストレートな言い方で相手を嫌な気分にさせるものではありません。あなたが直面している問題を伝え、その上でこのフレーズを使えば「相談に乗ってください」というニュアンスを伝えることができます。


 英語のメールで相談するためのフレーズをいくつか紹介しました。あまり難しく考えず、シンプルでストレートなフレーズを使うのが良いでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する