1. 第一優先はマナー!10日前から直前までの期間の面接前練習法と事前対策

第一優先はマナー!10日前から直前までの期間の面接前練習法と事前対策

by All Kinds of New
 求職活動中は、次の仕事が決まるまで落ち着かない毎日を過ごしている人もいるでしょう。いざ面接となると、通り一遍のことを話しても、その他大勢に埋もれてしまいます。その会社に合わせた対策が必要ですが、そのために必要な期間はどのくらいなのでしょうか。

約10日間で自分自身のピークを迎えるよう調整する

 面接まで1ヶ月以上あると、新天地に向けてのワクワクやドキドキもどうしても薄れてきます。そうなると、会社としては新しい風としての戦力を求めているわけですから、覇気がない、やる気がないと感じられてしまう恐れもあります。仮に1か月後だったとしても、モチベーションを高める作業は1週間~10日前から始めましょう。

 具体的には、「当日の服装を決める」「美容室へ行く」「交通経路を確認する」「手荷物の確認」等になりますが、「会社に関するリサーチ」は例外です。採用側としてこれだけの猶予を与えているのだから、しかるべき勉強をして入社後の生活について具体的に思い描いているべき。という思惑がある可能性があります。

 まずは企業ホームページがある場合にはその内容を確認します。関連会社等についての記載があることがあるので、もしそれらの企業とこれまでに関わったことがあれば、プラス材料になるのでアピール材料に使うのも手です。それらを書き出しておいて、実際の面接を想定して喋る練習を何度も繰り返しておきましょう。10日もあればそれなりの結果が得られるはずです。

面接まで時間がないときの対策

 しかし、受ける企業の前任がすでに退職しており、猫の手も借りたい状況であることも少なくありません。こればかりは縁ですが、こういう時にレスポンスが良ければとんとん拍子に決まることもあるでしょう。そんなときは、マナーを優先的に意識し、内容は後回しにしてもよいでしょう。面接において一番最初に見られる点はビジネススキルではなくその人の外見などの第一印象となる部分です。短い時間でも、受け答えや頭を下げる動作などは練習できるので是非やっておきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する