1. 新入社員の研修を行うときのスケジュールで気をつけたいこと

新入社員の研修を行うときのスケジュールで気をつけたいこと

by [cipher]
 春になると、新入社員が入社してきて、研修のスケジュールを考えなければならない場合も出てくるでしょう。新入社員をきっちりとしたビジネスマンにするためにもスケジュールはしっかりと計画したいものです。ここでは、新入社員の研修を行うときのスケジュールで気をつけたいことを紹介したいと思います。

基礎からまずはしっかりと行うスケジュールにする

 新入社員のレベルにもよりますが、いきなり実務や、実務の研修から始めることは難しいでしょう。まずはビジネスマンとしての基本的なマナーや作法を学ぶことができるような日程にしましょう。そうすることで、しっかりとビジネスマンとしての土台を作ることが出来ます。

マンネリにならないような工夫を

 座学が多くなってしまったりすると、新入社員もマンネリを感じてしまい、研修が有意義なものになりません。座学の間に実技を取り入れてみたり、講義の内容をローテーションで入れ替えてみるなどの工夫を研修のなかに取り入れる必要があります。


 ここでは、新入社員が受ける研修のスケジュールを考えるときに気をつけたいことを紹介しました。スケジュールを上手く決めて、新入社員が良いビジネスマンとなるような研修の日程を作りましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する