1. 退職届の内容を変更したいときにすべきことと注意点

退職届の内容を変更したいときにすべきことと注意点

退職届の内容を変更したいときにすべきことと注意点 1番目の画像
by goingslo

 一般的に日本の会社では、退職の際には退職届を人事課や上司に提出します。退職届には、退職日や、退職する理由、自署によるサインなどが必要なのですが、一旦提出した後に、何らかの事情が変わって内容を変更したいということもあるでしょう。その場合は、内容を変更することはできるのでしょうか。

内容の変更はできるのか

 退職届に必要事項を記入して会社側に提出した後には、基本的に変更はできません。仮に、変更したい場合には、会社に相談をしましょう。受け入れてくれるのかどうかは、会社にもよると思います。退職願であれば、承認前の段階であれば、書き直すこともできるかもしれません。基本的には、訂正印などで書き直したりすることのできない書面なので、変更が認められた場合にも、書き直しをする必要があることが多いと思います。

退職届を出す前のチェック項目

 退職届は、提出後には、変更することが難しい書類だと認識しておいたほうがいいでしょう。退職届を出した後に、やっぱり辞めないということも通りません。会社に提出する前に内容をよく確認し、自分の転職のスケジュールに都合が悪くないか、また有給消化分を見込んでの退職希望日となっているのかということには、よく注意しましょう。

円満転職で次のキャリアへ!多忙な人におすすめ「リクルートエージェント」

 遅くとも2週間前までに退職を上司に伝えても、実際に退職ができるまでは意外と時間や労力がかかるものである。

 退職の手続きに追われて、転職活動に手が回らない人も多いのではないだろうか。

退職届の内容を変更したいときにすべきことと注意点 2番目の画像

 そんな人にオススメしたいのが転職サービス「リクルートエージェント」だ。

 「リクルートエージェント」では、土日祝・平日20時以降でもエージェントが転職相談に対応してくれるため、退職手続きや実務で忙しいという人でも安心して利用することができる。

 また、「リクルートエージェント」では幅広い業界の求人を網羅しているだけでなく、提携企業との「長年の繋がり」があるため、転職者からは言い出しづらい「年収」「条件」「入社日程」についてもエージェントが交渉してくれる

 非公開求人も多く、現職でストレスを感じている点などをエージェントに話せば、自分に合った社風の企業を紹介してもらえる確立も高くなる。

 仕事が忙しくてなかなか転職活動に踏み切れていないという人は、「リクルートエージェント」に相談してみよう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する