1. 【海外就労も視野に】社会人が留学のために休職できる期間

【海外就労も視野に】社会人が留学のために休職できる期間

【海外就労も視野に】社会人が留学のために休職できる期間 1番目の画像

    業務における国際化が進む昨今、外国語力を身につけたいと考え、社会人になった今からでも留学をしようと考えている人もいることだろう。

 本記事では、留学にともなう休職の期間や注意すべき点について解説する。

留学に寄る休職期間は「半年から1年ほど」

留学による休職の期間は目的や内容によって異なる

 休職という形での留学期間は、会社の仕事内容や留学を希望している本人のポジションなどによって異なるだろう。


 ただ、目安としては半年から1年ほどの休職が一般的なようだ。

 また、留学による休職の許可そのものについては、勤めている会社での業務に外国語が必要化どうかというのが最大のポイントだ。


 人員が減るという意味で企業にとってデメリットのある休職。その理由が会社に関係のないものであると、退職を勧められたり、休職自体が認められないということもあるだろう。

 会社が休職という扱いで留学をさせるというのは、帰国後、会社に何らかの形で貢献できるということが大前提となる。また、その貢献度の高さが留学許可の期間にも影響すると言える。

留学による休暇申請を認めてもらうには

留学による休暇を得るには明確なメリットが必要

 前述のように、会社にとって人材に穴がでるのはデメリットである。それを上回る休職留学のメリットがなければ、そもそも休館申請が通ることはないだろう。

 語学力が業務に貢献するシーンは会社や業務内容によって異なるが、自分が語学力を手に入れることで、会社にどのような貢献ができるかは、休暇申請の時点で示さなければならないだろう。

 休暇による留学を望む場合は、どのくらいの期間職を離れるのか、留学によってどのような成長を手に入れることができるか、それをどのように会社へと還元できるかをよく考えた上で打診してみよう。

グルーバルでの活躍を目指して転職しよう

英語力をいかせる企業に転職するなら『ランスタッド』

【海外就労も視野に】社会人が留学のために休職できる期間 2番目の画像

ランスタッド』は、グローバルでの転職サポート実績を持つ世界最大級の総合人材サービス企業だ。

日本国内には117の拠点があり、転職事情に精通したコンサルタントがマンツーマンでキャリアアップのサポートを行う。

グローバルをベースに、年収アップを重視した働き方から、ワークライフバランスを重視した働き方まで幅広い提案が可能だ。

非公開求人も数多くあり、企業情報や社風など、企業HPだけではわからない情報も数多く提供。

また、英文履歴書のテンプレートの提供があるなど、各種サポートも充実している。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する